業務スーパーの「冷凍野菜」は安くて種類豊富? 価格リストを作ってみた

量が多くて安価な食材が並ぶ業務スーパー。冷凍野菜がかなり充実しています。だいたい500g単位で、カットタイプなど使い勝手の良いカタチで販売されていることがほとんど。多くは飲食業者ニーズによるものとはいえ、コスパ的には一般家庭でもぜひ活用したいところ。

そんな業スーの冷凍野菜、どんな種類のものがいくらで販売されているのかまとめてみました。mitok編集部の近隣店舗を例にしているので、あくまでも一例となりますが、ご参考程度にどうぞ〜 m(_ _)m

 

【43種類】業務スーパーで買える「冷凍野菜」価格リスト例

▲mitok編集部の近隣店舗では税込価格の端数処理は切り捨てで販売されています。

上記の価格リストは、mitok編集部近隣にある数店舗で取り扱っている冷凍野菜をまとめたもの(2017年8月30日時点の情報)。43種類の商品が販売されていました。

だいたいが500g単位で200円前後、原産国は中国。チェックした店舗は東京・神田界隈という土地柄か、前掛けを着けたままの飲食業者と思しき人が大量にまとめ買いしていく姿をよく見かけます。

冷凍庫に余裕があるなら、一般のご家庭でもいかがでしょう。mitok編集部的におすすめの冷凍野菜は以下のような感じです。

『アボカド(ダイスカット)』は販売していない店舗も多いようですが、使い勝手が良いので、見かけたら試してみてほしい一品です。参考価格は500gで537円(税込)。他の業スー冷凍野菜と比べるとお高めですね〜。

『揚げなす 乱切り』は素揚げの手間が省ける食材。麻婆茄子を作るときなどにベンリだし、麺つゆで揚げ浸しを作ってもいいですね。参考価格は500gで178円(税込)です。

※価格は購入時のものです。時期、地域等によって異なる場合があるほか、店舗によっては取り扱いがない商品もございます。あらかじめご了承ください。