ちょい焦げ肉も香ばしい! 吉野家の『豚生姜焼き丼』はおろし生姜トッピングが効いた満足メシ

牛丼チェーンの吉野家では期間限定の新メニューの展開も多数。現在『豚の生姜焼き丼』など生姜焼きを使用したメニューの販売が始まっています。

 

吉野家『豚生姜焼き丼』450円

おすすめ度 ★★★★☆

吉野家『豚生姜焼き丼』は並盛が450円。ほかアタマの大盛が550円、大盛620円、特盛750円といった形でも注文することができます。ほか『豚生姜焼き定食』『牛カルビ生姜焼き丼』など生姜焼きメニューが期間限定で販売中。

豚生姜焼きは、おろし生姜が乗っているのが珍しいところ。

生姜焼きのほか、ご飯の上にはキャベツとニンジンの千切りサラダも乗っています。

焦げ目の付いた部分もある豚生姜焼きは香ばしく、甘めの味付け。生姜の風味はそれほど強くなく、肉の柔らかさとあわせ食べやすい味付けです。おろし生姜で、ピリッとした風味をプラスして食べると、風味がフレッシュになり新鮮ですね。

生姜焼きは一緒に玉ねぎが炒めてあるのもポイント。豚肉やタレの甘味に加え、玉ねぎの甘味も味わうことができます。

すり下ろされた生姜を少し乗せて食べると、甘めの味付けにピリッとした生姜の風味が加わります。サッパリした味わいで、しつこさを感じずに食が進む味わい。

サラダ部分のためにマヨネーズのパックが付いているのも、通常の丼メニューにはない特徴です。

野菜部分に使うだけではなく、生姜焼きにもマヨネーズを乗せてちょっとジャンクな味わいを楽しむといったことも出来るのが面白いところ。マヨネーズのまろやかさやコッテリ感、生姜焼きの甘味、おろし生姜の刺激が入り混じった複雑な味わいも意外にアリ。通常メニューでは味わえない、『豚生姜焼き丼』ならではの味を満喫することができます。

卓上の紅ショウガをトッピングして、おろし生姜と食べ比べるといったこともできます。家庭料理や、定食メニューでも定番の豚生姜焼きですが、すりおろした生姜の乗った吉野家の『豚生姜焼き丼』は他にはない味わいでオススメの一品。千切りキャベツも乗り、丼ひとつに盛りだくさんの内容も満足感があります。取り扱い店舗情報(非販売店舗)情報も、下記参考リンクの公式サイトに掲載されているので参考に、近くの吉野家に寄って試してみてはいかがでしょう。

<参考リンク>
豚生姜焼き丼 | 吉野家公式ウェブサイト