ヨドバシカメラ製アルカリ乾電池ってどうなの? ガチ検証してみた結果……

家電量販店ヨドバシカメラのオリジナルアルカリ乾電池が販売されているのはご存じでしょうか。

ヨドバシカメラでは多数の乾電池を取り扱っていますが、よく見ればプライベートブランド品もあるじゃないですか。単3形が4本で300円。けっこうお買い得。でも、大手メーカー品の多い売り場だし、安いとはいえ選ぶ価値はあるのでしょうか。

というわけで『ヨドバシカメラ アルカリ乾電池』をガチ検証してみました。

 

検証|ハンダマスターかしま

ヨドバシカメラ|アルカリ乾電池 単3形|300円 / 4本

皮むきチェック

電池の被覆を剥がして、マイナス側のかしめ加工と、ガス抜き穴の形状をチェック。 加工形状が同じであれば、製造会社が同系列であることがわかる。

放電試験

終止電圧0.9Vになるまでの放電グラフ(2回のテスト中、好結果の数値を採用)。サンプルデータは「金パナ」(パナソニック)のもの。試験環境は以下のとおり。

2016121448

本検証における放電試験の装置。放電完了とみなす終止電圧(電池の寿命となる電圧)はアルカリ乾電池などの一次電池の場合は0.9V。2.2Ωのセメント抵抗を電池につなげ、両端の電圧をデーターロガーで計測。終止電圧が0.9Vになるまでの時間を計測した。

検証結果まとめ

  • ブランド ヨドバシカメラ
  • メーカー 不明
  • 販売 ハート電機サービス
  • 製造国 中国
  • 型番 LR6HYL-4S
  • 価格 300円 / 4本
  • コスパ
    • 1本あたり 75.0円
    • 1Ahあたり 47.4円
  • 実測容量 1,581mAh
  • 60分後電圧 1.07V
    ※高電圧を維持できているかをテスト
  • 0.9V終始時間 201分03秒
    ※持続時間をテスト
  • 製造年月 2017年5月(期限5年)※2017年9月10日訂正

他製品との比較(1Ahあたりの単価)

総合評価 ★★★☆☆

結論からいえば、『ヨドバシカメラ アルカリ乾電池』は買って損のないアルカリ乾電池だろう。

『ヨドバシ電池』の実測容量は1,581mAh。過去にガチ検証してきたモデルと比べても上位の部類に入る結果だ。1Ahあたりの単価は47.4円。コンビニや家電量販店に並ぶ電池の中ではもっともコスパの良いモデルとなった(もちろん100円ショップ系商品とは比較にならいないのだが)。

ただし、60分後電圧が1.07Vで、パワーの低下が早い点は気になるところ。それでも低下後は比較的安定した持続性も見られた。

ちなみに、同価格帯の商品であるセブン-イレブン「セブンプレミアム」(4本307円)、ローソン「ビッグキャパ アルファ」(4本308円)と比べると、今回の検証では『ヨドバシ電池』のほうが若干良好な結果。それでも、身近なコンビニを捨てて、わざわざヨドバシカメラまで買いに行くほどの差ではない。とりあえずヨドバシカメラへ行く機会があったらついでにチェックしてみる程度でよいだろう。その際は購入しても損のない商品だ。

*    *    *

本検証では液漏れなどの耐久性能はテストしていない。液漏れリスクは保管状態・環境によって変わるが、日本製のほうが安心という意見もある。液漏れ対策としては、未使用品なら適温(10〜25℃)で換気のよい場所に保管(高温多湿は避ける)、使用品なら長期間使用しない機器からは取り外して過放電を防ぐなどの注意が必要だ。

※本企画の検証結果はすべての商品で同様の結果を保証するものではありません。個体差等により結果が異なる可能性を踏まえたうえで、購入する際の一材料として参考にしていただければと思います。また分解等の検証は専門知識を持つ者が行なっております。真似しないようご注意ください。