iPhoneの文字入力が遅い! と感じたときの対処法

2015033015

iPhoneで文字が入力可能な状態になるまでにやたらと時間がかかるようになった、という状態の方はいないでしょうか。ググってみると対処法がいくつもあるようですが、一番効いた方法は「辞書のリセット」でした。というわけでその方法をご紹介しましょう。

入力遅延に対しては「辞書のリセット」がかなり効く……と思われるものの注意点があります。文字変換の学習辞書をリセットすることになるので、実行後は「狙いどおりに変換してくれない」という事態になる可能性があります。いわゆるトレードオフ。個人的には、辞書はまた学習させればいい、それよりこの入力可能までの無反応タイムをどうにかしたい! ということでリセットしました。

手順は以下のとおりです。(対象環境:iOS 8.2)

  1. 「設定」を開く
  2. 「一般」を選ぶ
  3. 「リセット」を選ぶ
  4. 「キーボードの変換学習をリセット」を選ぶ
  5. パスコードを入力する
  6. 「辞書をリセット」を選ぶ

2015033016 2015033017

それにしてもこの症状、なんとかしてほしいですね。すぐに返事をしようと思ってもなかなか入力できずにイラっとし、しかも実は入力は受け付けられていて超時間差で入力されたり……(そういうときはだいたいミス入力だらけ)。

このほかの対処法としてなんとなく効果があったかなと思うのは、

  • すべてのアプリを終了させてから、アプリ「Yahoo!」の最適化機能を使う

でした。

「iCloud Drive」を無効化すると効果があると聞いたものの、わりとすぐに症状が再発したので、効果の持続性を考えるとやはり「辞書のリセット」が比較的マシなのではないかと思います。