【おすすめWebマンガ】とんかつDJアゲ太郎(イーピャオ・小山ゆうじろう) 〜 とんかつとDJにアゲの共通点…斬新すぎるのにジャンプ的王道!

2015033106

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

原案:イーピャオ/漫画:小山ゆうじろう『とんかつDJアゲ太郎』 少年ジャンプ+連載

あげる。その言葉を辞書で紐解くと「低い所から高い方へ動かす」や「程度を高める」や「揚げ物を作る」などなど、さまざまな意味が含まれている。いわゆる同音異義語。つまりはテンションを上げるもとんかつを揚げるも同じ“あげる”というわけだ。上げると揚げる。並べてみるとアゲアゲ。今回紹介するはそこに天啓を受けてしまった青年を描く作品だ。

渋谷の片隅に佇むとんかつ屋「しぶかつ」の息子・揚太郎。二代目である父のもと、家業を継ぐために見習い中だが、若い身空だけにいまひとつ身が入らない。そんなある日、出前に訪れたクラブで、DJが生み出すグルーヴにかつてない高揚感を覚える。そこからクラブカルチャーにどっぷりとハマっていく揚太郎。そんななか偶然目にしたカリスマDJのプレイが、とんかつを揚げる父の姿と重なることに気づいてしまった。まさか、とんかつ屋とDJって同じなのか!?

んなわけねーだろ、と存分にツッコミたい。が、単に思いつきの一発ネタで終わらないのが本作品の驚愕するところ。キャベツ千切りのリズムがノリノリのBPMであったり、揚げ物を食べた後に飲むお茶がチルアウトであったり、低音で揚げるジューシー系とんかつが重低音のグルーヴであったり……。毎度毎度に必ずひとつは、とんかつ屋とDJの共通項をネタが挟み込まれる。強引に結びつけてるようで、そのどれもが思わず納得するほどウマいのである。ホントとんかつも美味そう。

視点は斬新すぎるが、ちゃんとしたストーリーもある成長譚。揚太郎がとんかつ屋とDJ、二足のわらじでトップを目指す展開は意外にも王道だ。渋谷のクラブが舞台とはいえ、少年ジャンプらしい漫画といっても間違いではないだろう。カツサンド片手にクラブに行ってみたくなることウケアイだ。

 

『とんかつDJアゲ太郎』掲載情報

・作者:原案:イーピャオ 漫画:小山ゆうじろう
・掲載メディア:少年ジャンプ+iOSアプリ / Androidアプリ

ほかのおすすめWebマンガをチェック!