2015年春アニメ本日4/4放送の『終わりのセラフ』『プラスティック・メモリーズ』etcの見どころはドコだ!?

TSU87_shinseikatu500

 

土曜日は深夜アニメの新番組がなんと5本!

ついにやって来ました春アニメの季節! 今期の深夜アニメは超大量! 初視聴の前にどんなお話か、期待度は、など気になることがいっぱいだけど調べて予習するにはちょっと番組数が多すぎるのも事実。

そこで、深夜アニメをすべて観る男ことライター・久保内信行が本日放送のアニメ(関東基準)をPVなどから“見どころ”を予測! 約一週間毎日更新でお届けします。本日は第三夜目。新番組ラッシュも終末になりビッグタイトルが目白押しです。本日は『終わりのセラフ』、『ガンスリンガーストラトス 』、『プラスティック・メモリーズ』、『うたの☆プリンスさまっ♪(3) 』、『てさぐれ!部活もの(3)  』の5本を予想します。『Fate』は分割のため割愛させていただきます。

WIT STUDIOが放つスーパーアクション『終わりのセラフ』

終わりのセラフPV / Seraph of the End Official Trailer

『終わりのセラフ』公式ホームページ

原作・鏡貴也、漫画・山本ヤマト、コンテ構成・降矢大輔による、ジャンプスクエアにて連載中のマンガ作品をアニメ化。講談社ラノベ文庫からは鏡貴也の手による小説版も刊行中で、シリーズ累計発行部数は180万部突破の人気作です。

ちょっと驚くのが、マンガ版の連載は集英社、小説版の刊行は講談社と、大手出版社をまたいでのタイトル展開をしている点。コンテ構成というあまり馴染みのない役職も立てているところから見ても、かなりクオリティコントロールに気を配った大きめのプロジェクトのようです。

アニメーション制作は『進撃の巨人』など、高水準な作画&演出の作品を連発しているWIT STUDIO。PVを見てもわかる通り、ただ動きまわるだけではない、重力を感じられるようなアクションは迫力十分です。また、ヒロインがかわいいだけでなく、軍服+イケメン+日本刀という造形の男性陣もカッコよく、女性人気も見込めそうな雰囲気。ストーリーも吸血鬼モノなので、背徳的な色っぽいシーンも期待できそう。

というか、PVに文句を付ける場所がまったくないってどういうことでしょうか。キャッチーさと本格さの配分までジャストな雰囲気です。監督を務めるのは、本作が初監督となる徳土大介。荒木哲郎監督作品を中心に絵コンテ・演出で活躍しており、個人的に大好きなアニメ『亡念のザムド』の監督補にも抜擢されている人材で、満を持しての監督デビューという印象です。期待で胸いっぱいですよ。

ただ、鏡貴也原作作品というと、ちゃんとした演出の回とざっくばらんすぎる回が交互に襲いかかってきた『伝説の勇者の伝説』や、PVでイツカテンマノクロウサギィ…とハリウッド風に言われて爆笑した以外に何も内容が思い出せない『いつか天魔の黒ウサギ』が思い浮かんでくるのもまた事実。このアニメ化ラインナップを見るとかなり恐ろしい気分になりますが、ガッチリと脇を固めたスタッフィングですし、真っ白な気持ちで見始めるか……という気持ちです。

PVの完成度高すぎなので期待大!

次ページは『ガンスリンガーストラトス 』です。