【おすすめWebマンガ】廊下者 コリドラー(サガノヘルマー) 〜 伝説のカルト作家、Webで復活! 超アシッドなサイコSF

0410osusu

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

 

サガノヘルマー『廊下者 コリドラー』 リイドカフェ連載

ガロ系のオルタナティヴ路線でもキワモノエロ漫画でもいいですが、エログロ過剰で猥雑でありながら作者の謎の美意識に貫かれたアングラ漫画ってのはいいもんですよね。Webコミックではぽこぽこで駕籠真太郎や山本直樹(はまた違いますが)が載ってたりしますが、たまにはガチで訳の分からない変なマンガも読みたいッス! そんなダメなマニアの方々のみならず興味本位の一見さんも要注目な、どアングラなヤツがリイドカフェで連載してますよ。

サガノヘルマーはヤングマガジン出身で近年は成人向け作品で活動する、知る人ぞ知るカルト的人気作家。代表作の『BLACK BRAIN』は、41世紀の未来人類ヒテロ・サピエンスと肉体を改造した邪進化人類&無機質サイバー人類の過去改変をめぐる戦いに巻き込まれた主人公が第二の脳「受波脳(ジュパノー)」を埋め込まれ、思念体によって身体イメージを組み替えて相手の神経・感覚を狂わせる能力を得るというSFバトル。ヒトの肉体が細胞資源となって全地表を覆い尽くした41世紀の地球には『家畜人ヤプー』もびっくりです。

人体改造、新興宗教、エログロ、畸形、奇想があふれる全10巻の肉色SF大長編で、続編の『PURPLE BRAIN』は球体関節奴隷女を犯しまくる話です。むやみに明後日の方向へリビドーを追求していくドロドロに濃い作画には、矢追町成増やたまきさとしといったアレゲな作家のファンの方々も大満足間違いなし!

その特異な作風は毎度揺るがず、リイドカフェで再掲載中の『廊下者 コリドラー』(ヤングマガジンアッパーズ連載)も相当ドラッギーなサイケデリックSF。主人公の八木クチヒコは無限に続く謎の廊下に閉じ込められ、壁や天井から生える人間の腕や妹の性器に正気を失い、放尿と脱糞の狂騒を繰り広げる。謎めいた事態には、エロフィギュアを彫り続けるセミプロモデラーの妹・八木みみこが持つ聖力(ちから)が関係しているようで……。

大仰さと奇想だけで引っ張る謎だらけの本作のポイントは、兄妹の奇妙な近親相姦。床に現れた妹の性器を足先で犯したり、妹のベストとパンツを着て踊り狂って、「新しい暗黒舞踏の開祖となって21世紀のサブカルチャーの裏ステージを震撼たらしめるのだっ!!」と宣言するクチヒコは、禁断の愛の物語を読者に予期させると同時に、土方巽ファンの共感を引き寄せずにはいられません!

なぜこんなわからん漫画が今再掲載……? と首を傾げるところですが、なんと本作のパラレルとなる作者の最新作『妄想神話コリドーマン』も近日配信予定なのだとか。ちょっとよく分かりませんが、リイドカフェ、攻めますね。現在第3話まで配信されており、毎週金曜日更新予定です。毎週末はちょこっと深淵に足を踏み入れてみてはいかがでしょう!

『廊下者 コリドラー』掲載情報

・作者:サガノヘルマー
・掲載メディア:リイドカフェ

ほかのおすすめWebマンガをチェック!