【年末年始に役立つ】スマホで年賀状を作って届けてくれるアプリまとめ

1211nenga02

毎年年末のこの時期となると、年賀状で悩むという人も多いのではないでしょうか。そんな人にぜひ試してみて欲しいのが、iPhoneやAndroidで利用できる年賀状作成アプリ。デザイン案が多数収録され、アプリのダウンロードにかかる料金は無料。好きな写真を使うことができたり、端末内の連絡先と連携して住所を入力することができたり、LINEなどのアプリと連携して画像で年賀状を送ったりと多機能なものも揃っています。そんな無料年賀状アプリのオススメを紹介していきます! 今ならまだお正月に間にあう!

はがきデザインキット 2015

Screenshot_2014-12-11-14-20-01Screenshot_2014-12-11-14-26-07日本郵便が提供する年賀状作成アプリ。さざまななテンプレートが用意され、そのまま使えるほか、選択した写真を配置して使用することもできます。作成した年賀状は、自宅に郵送して受け取り、相手の宛先を入力しての送付のほか、LINEの友達に送付といった形で送ることもできます。LINEの友達に送る場合、相手が受け取り手続きを行うため、宛先の住所などが分からなくても年賀状を送ることができます。

1211nenga01

スマホ版より多くのテンプレートが利用できるPC版も用意。こちらでは萌えイラストなどの変わり種も利用できるようになっています。年賀状作成の料金は普通紙の場合はがき代込みで1枚130円、写真用紙の場合は160円。送付は下で紹介する「ネットで年賀状」と連携して行われ、別途料金がかかります。

・ダウンロードはこちら
i_app a_app_new_v2

ネットで年賀状

Screenshot_2014-12-11-15-02-27Screenshot_2014-12-11-15-03-43

500種類以上の年賀状テンプレートが用意され、写真や文字を配置するだけで簡単に年賀状を作成できます。宛先入力の際に、カメラで相手の住所を読み取り、自動的に入力を行う機能なども用意されています。『進撃の巨人』『モンスターストライク』『アイカツ!』といった人気作品のデザインが用意されているのも特徴。『アイカツ!』年賀状は、切り取ってアーケードの筺体に読み込ませればアイカツ!カードとしても使えるという面白い趣向になっています。印刷にかかる代金は1枚130円から。宛名の印刷や投函は無料となっています。

・ダウンロードはこちら
i_app a_app_new_v2

ノハナ年賀状2014 – 写真を使ってスマホで簡単はがき作成

Screenshot_2014-12-11-15-17-59Screenshot_2014-12-11-15-19-36

フォトブックアプリの「ノハナ」が提供する年賀状作成アプリ。テンプレートに併せ自分で撮った写真を選んで配置して簡単に年賀状のデザインができます。テンプレートの種類は多くないですが、家族や子供などの写真を使った年賀状を作るのなら手堅いデザインで良いかもしれません。プリントした年賀状を自宅で受け取るほか、宛先を指定しての送付にも対応しています。基本料金の1,480円と送料540円、お年玉付年賀はがき代込みで1枚につき90円のプリント代金がかかります。

・ダウンロードはこちら
i_app a_app_new_v2

ポスコミ年賀状

Screenshot_2014-12-11-15-31-56Screenshot_2014-12-11-15-32-14

ネットから各種ハガキを郵送できる「ポスコミ」の年賀状アプリ。基本料金と宛名印刷、投函は無料で、1枚当たり80円のプリント代とハガキ代の52円がかかります。12/17(水) 23:59まで10%オフのキャンペーンを行っているので、気に入ったデザインがあればお得に年賀状が作れます。

・ダウンロードはこちら
i_app a_app_new_v2