ダリ、ピカソ、ウォーホル……憧れの名作がお安めに買えるかも? Bunkamura Gallery オークション&アフターセール 4/22より開催

0412art

古典作品から現代アートまで、様々なアート作品400点以上が出品される「第37回入札制Bunkamura Galleryオークション」が4月22日から開催! オークション終了後には不落札だった作品を最低落札価格で購入できるアフターセールも併催されます。普段縁がない有名な美術作品を手に入れられるかもしれませんよ。

 

出品されるのはR・インディアナ、ウォーホル、カシニョール、シャガール、ダリ、デュフィ、ビュッフェ、ピカソ、フィニ、ミュシャ、ミロ、ラウシェンバーグ、リキテンスタイン、荒川修作、荒木経惟、有元利夫、岡本太郎、金子國義、草間彌生、奈良美智、藤田嗣治、李禹煥、横尾忠則といった作家たちの作品。モロー、クリムト、ボッティチェリ、コクトーもあるし、人形作家・四谷シモンのエッチングや荒木元太郎のフィギュアまで。一度は聞いたことのある有名作家揃いです。

開催期間は4月22日から5月4日、アフターセールは5月5日から11日まで。オークションは入札状況が公表されず、開票日にて落札結果が分かるサイレント方式です。

入札がなかった作品は最低落札価格で買える! とは言っても、最低落札価格でもウン万、ウン十万は当たり前。アートに馴染みのない庶民は足踏みしてしまいますが、結構な数がありますし、会場でじっくり鑑賞して「これぞ!」という作品を選ぶだけでも楽しそうですね。

第37回入札制Bunkamura Galleryオークション」イベント情報

・日時:オークション4月23日(水)~5月4日(日)
アフターセール:5月5日(月)~5月11日(日)
・会場:Bunkamura Gallery
公式サイトはこちら

 

Twitter でmitok(ミトク)をフォローしよう!