アキバの次は大阪市なんばの3D都市モデルデータを無料公開! 〜 ゼンリンからUnity向け

2015041506

ゼンリンから大阪市のゲーム開発用3D都市モデルデータの無償提供が開始されましたよ! 東京・秋葉原のデータ「Japanese Otaku City」(なんという名称!)に続く第2弾。今年5月には福岡市、札幌市のデータ提供も予定しているとのこと。

 

ゼンリンが提供する3D都市モデルデータ「ZENRIN シティアセットシリーズ」は、ユニティ・テクノロジーズが提供する「Unity」などのゲーム開発環境向けのもの。その一部が「Unity アセットストア」で無償提供されており、今回公開された「Japanese Naniwa City」は大阪市なんば付近を再現したものですね。さらに5月には福岡市天神付近の「Japanese Matsuri City」、札幌市時計台付近の「Japanese Dosanko City」の公開も控えているとか。

本データは街を舞台にしたゲームの開発や各種シミュレーションに利用できるそうです。これだけのデータを無償提供するとは太っ腹ですね、ゼンリンは!

<参考リンク>
ゼンリン|Unity向け都市モデルデータ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmitok(ミトク)をフォローしよう!