激安Lightningケーブルを使うのはアブナイ? 測定&分解してみると……

lc000

先日Amazon.co.jpの2014年のカテゴリ別年間ランキングが発表されまして、AV機器&携帯電話アクセサリ部門ではLightningケーブルが1位となっていました。iPhoneやiPadのユーザーには必須のアイテムですけど、アップル純正品が割とお高いことから、激安品を求める人が多いようです。でもそんな激安品を選んで大丈夫なのでしょうか?(断線を繰り返すと、出費を抑えたくなる気持ちもわかります) ちょいと気になるので、純正品から激安品まで6製品ほどピックアップして検証してみました。

やっぱ純正品じゃないとダメ? 実は激安品でもイケる? そこんとこ、どーなのさ!(編集部)

Lightningケーブルの検証方法

充電実測

40Wの高出力充電器とiPad miniを接続し、簡易電流電圧計を用いて充電時の電流や電圧を計測した。

1GB転送時間

iOS端末用ファイル管理ソフト「iFunBox for Windows」を使い、iPad miniに1GBのデータを転送。転送完了までの時間を計測した。

シールド&芯線素材

ケーブルを切断してシールド構造や芯線の材質、被膜強度などを確認。Lightningコネクタは分解して基板を露出させ、どのようなチップが搭載されているかを調査した。

 

【1】お求めやすくなったアップル純正品、気になるのは耐久性

A0

測定結果

充電実測:5.10V/1.97A 1GB転送時間:44.61秒 シールド:編み線+ホイル 芯線素材:アルミ合金

基本性能

すべての基準となるアップル純正品。細めで曲げやすく、Lightningコネクタまわりが小さくて扱いやすい。純正品だけあって、データ転送や充電性能などは問題なし。難点は価格が2,000円前後と高いこと。加えてケーブルが細身なせいか、断線しやすいとの声も多い。

分解検証

ケー ブルはしっかりと編み込まれたシールドに覆われている。ただし芯線が細く、被膜には軟らかい材質が使われていた。コネクタ基板には認証チップのほか抵抗 (またはコンデンサ)やレギュレータと思われるものなど多数の電子パーツが搭載されている。充電器からの給電をこの基板で整流してから機器本体に渡しているわけだ。なお、コネクタの基板は金属板と封止樹脂でガチガチに固められていた。

A1
A2 A3

 次のページではAmazonベーシックのLightningケーブルをチェック!

<なんでもガチ検証!シリーズ>
充電池はどれを買うのがお得か?
コンビニのアルカリ乾電池をガチ検証
エナジードリンクのキラキラ度を測る
10年分のキーログを徹底検証する
アマゾンの売れ筋モバイルバッテリーは大丈夫か?
車載用USBシガーチャージャーはどれが安心?
買って安心なUSB充電ケーブルはこれだ!
電源タップをガチ比較してみると……
安物HDMIケーブルを買ってはイケナイ?
激安Lightningケーブルはアブナイ?
PS4の耐熱限界は知っておいたほうがいい
150円コーヒーを選ぶほうがオトクなコンビニは?
量的にオトクなコンビニ100円コーヒーは?