【とつかれ!】せどりで儲かるって本当? 「地方のハ◯ドオフは宝石箱や〜」と語る男の体験談

manga_index

ああするとお得、こうするとお得……たしかにありがたいんだけど、なんだかオトク疲れになりそうな感じです。そんなおいしそうなオトク情報に振り回されておつかれさん(=とつかれ!)な日々をマンガでお届けします m(_ _)m

せどり王にオレはなる! な夢を見る日々 〜 その1

004-1

せどりで儲かったった!(と語る人の)話

“せどり”ってあるじゃないですか。フリマとかで価値のあるものを安く仕入れて、その価値がわかる人たちに高く売るという。近年だと、どんなに価値がある本でも二束三文で売ってしまうブ◯クオフがせどりマスターたちの狩場と化していたなんて話もありますね。それなりの目利きじゃないと石に交じる玉を見つけることはできないわけですが、なんだか手っ取り早く儲けられそうな話に聞こえます。

ただ最近ではそうカンタンな話でもないようです。価値のあるものはそれなりの価値を持つものとして売られているそうで……(´・ω・`) とはいえまだ希望はあると強く語る某氏。お得なハナシが大好きで、趣味はハ◯ドオフ巡り。曰く「地方のハ◯ドオフは掘り出しモノの宝石箱やぁ!!」(アイツか)。こんな体験があったそうです ↓

せどり王にオレはなる! な夢を見る日々 〜 その2

004-2

……運ゲな気がしますが、ありえそうなハナシでもあります。なんでも、某氏の脳内データベースには「◯◯市のハ◯ドオフの店員は、△△の査定がゆるい」とかそんなデータが入力されているそうで、「福井県の☓☓にあるハ〜」って全国規模で各店舗の傾向をスラスラと述べたりしてます(あんた千葉県民だろ!)。そのおかげか、実際にお得な思いをする機会に恵まれることは少なからずあるそうです。それもこれも取材だなんだで地方へ行くたびに足繁く各地域のハ◯ドオフに通い続けた成果なのだとか。ご苦労様なこってす。

でもそれ、店員さんが変わったら終わりじゃね?

バックナンバーはこちら

(漫画:haco3 文:編集部)