ファミマの248円「汁なし担々麺」がまるで専門店級!? レンジで温めるだけでカラシビもっちり平打ち麺に

DPP_0295

ファミリーマートから4月21日に発売された「汁なし担々麺」(248円)の評判がよいので、早速いただいてみました。

汁なし担々麺はプライベートブランド「FamilyMart collection」の”冷凍食品”。ここ重要です。筆者は最初に麺類コーナーを探して見つからなかったので店員さんに聞いてしまいました。

製品は冷凍してあるものをお皿に移してレンジで温めるというものです。そのほか、冷凍つけ麺「極太つけ麺」(177円)や冷凍パスタ「牛挽肉のボロネーゼ(トリュフオイル付き)」(248円)などがあり、こちらも人気製品です。

6分でゴマの香りただようモッチリ担々麺が出来上がる!

DPP_0290▲「汁なし担々麺」はファミリーマートと日清食品冷凍が共同開発した製品

お腹もすいているので、早速調理に入ります。とはいっても、レンジで温めるだけなんですが(笑)

袋の裏面を見ると600Wで約6分、500Wで約7分と記載されているので、その通りにお皿に移してチンします。ご丁寧に担々麺の入っている内袋の上には「こちらの面を上にして」とありますので、間違うこともないでしょう。穴を開ける必要もありません。

DPP_0291▲中身はこれだけ。辛さを調整できる「花椒入り唐辛子」が同梱される

DPP_0292a▲担々麺は内袋に入れたままお皿にのせるだけ。あとは電子レンジで温めるのみ

DPP_0292▲600Wで約6分。熱いので内袋から出すときはヤケドに注意

待つこと6分。担々麺らしいゴマの香りがただよってきました。レンジから皿を出し、内袋の中身を出して盛りつけます。では早速、いただきます!

DPP_0294▲できあがり。見た目はボロニア風のフェットチーネの様でなかなかおいしそうです

麺は幅広の平打ち麺で、かなりモチモチした食感が特徴。ゴマが香る担担だれはとくにクセもなくオーソドックスな味で、担々麺を食べたい欲求は満たされます。

具材としては、挽肉も大量というわけではありませんが、食感がわかる程度入っています。チンゲン菜も少量ながら入っていますが、こちらはさすがにシャキシャキとはしていません。それ以外に筍も入っているようなのですが、その存在感は少々微妙なところでしょうか。

DPP_0296▲麺は平打ち麺らしいモチッとした食感で食べごたえ十分です

カラシビ好きは「花椒入り唐辛子」を入れるべし!

と、ここまではノーマルの状態です。そう、同梱されていた「花椒入り唐辛子」というものがあるのです。担々麺と言えば、辛さと痺れ。これが有る無しでは満足度が違います。カラシビ好きな私としては全量投下いたします。ふ、ふぉっ! 唐辛子の辛さもさることながら、花椒による舌へのビリビリとした刺激がゴマのマイルドな旨みとあいまって、コントラストの差が奥深い味に変化します。なかなかクセになりそうな味わいです。

DPP_0297▲辛さが欲しい人は「花椒入り唐辛子」を好みに合わせて加えましょう。少量でピリ辛、半分で中辛、全量で激辛となります

248円で本格汁なし担々麺、おすすめ!

調理もレンジで温めるだけ、辛さや痺れを求める人も満足できてこの値段なので、担々麺好きには結構オススメできます。

<参考リンク>
ファミリマート|汁なし担々麺