恒川光太郎の異色ファンタジー『スタープレイヤー』がNHK FMでオーディオドラマに! 〜 6/1放送開始

2015051505

『夜市』『金色機械』などで知られる作家、恒川光太郎によるファンタジー小説『スタープレイヤー』がNHK FM「青春アドベンチャー」でオーディオドラマ化されますよ! 放送開始は2015年6月1日(月)22時45分から全10回。本作とオーディオドラマ、かなり親和性の高い組み合わせなのではないでしょうか。これは楽しみです!!

宝くじで一等を当て異世界へ飛ばされた斉藤夕月。そこで手にした、10の願いを叶えられる「スタープレイヤー」の力をどう使うのか? 悩む中、夕月は人びとの欲望や業と向き合いながら、次第に自身も成長していく――といういま注目のファンタジー『スタープレイヤー』。作者の恒川光太郎氏は『夜市』や『金色機械』など話題作を送り出し続ける注目の作家さんですね。

幻想的な恒川ワールドはまさにオーディオドラマ(ラジオドラマ)にぴったりではないでしょうか? オーディオドラマに馴染みのない方は本作を触れるきっかけにしてみてはいかがでしょう? たまにはじっくりと物語に耳を傾けてみるのもいいものです。NHKネットラジオ『らじるらじる』でも聴けますよ!

  • 第01〜05回放送:2015年06月01日(月)~06月05日(金)22時45分~23時
  • 第06〜10回放送:2015年06月08日(月)~06月12日(金)22時45分~23時

2001年3月、突然目の前に現れた男にくじを引かされ、一等賞を当ててしまった斉藤夕月(34歳・無職)。フルムメアが支配する異世界へ飛ばされスタープレイヤーに選ばれた夕月は、スターボードに入力することで「10の願い」を叶えることができる力を与えられる。案内人の石松から説明を受けて衣食住を調えた夕月は、ある復讐をくわだてる。 ある日、マキオというスタープレイヤーが訪ねてきて交流がはじまり、ともにクンルンという国境の村へ遠征に向かった。クンルンに到着すると、隣国ラズナの兵に取り囲まれてしまうが、アメリカから来た守備隊長ラナログの取りなしによって歓迎される。その後、マキオのタワー村にラズナ王国の王子が亡命してくるが、裏切ったのは、なんとそのラナログだったという……人間の様々な欲望と思惑が交錯する世界で国づくりに奔走するうち、人の抱える祈りの深さや業を目の当たりにし、夕月もまた、自身の殻を知らず知らずのうちに破ってゆく――。

プレスリリースより一部引用)

<参考リンク>
NHK FM|青春アドベンチャー「スタープレイヤー」