あの奇想マンガ家の新作は……やっぱりヤバかった!『駕籠真太郎の痛快! 歴史入門』~ぽこぽこで連載開始

0520a

19日、Webコミックサイト「ぽこぽこ」に新連載作『駕籠真太郎の痛快! 歴史入門』が登場! 猟奇的な描写や実験マンガ、ブラックユーモアを得意とするマンガ家・駕籠真太郎が新たに描いたのは……ネットで叩かれて自殺に追い込まれるヒトラーでした。うん!?

 

聖徳太子、ヒトラー、始皇帝、ペリーetc…今日我々が生きている世界は、人類の膨大な有為と無為、善行と愚行の果てに現出したものである。戦争。暗殺。革命。発明。あの時、何が起きていたのか? その時、”歴史”は何を教えようとしたのか?
奇想漫画家・駕籠真太郎が独自の視点で描く、「世界が歪んだ決定的瞬間」大全集!!

(『駕籠真太郎の痛快! 歴史入門』 作品紹介より)

なるほど、歴史上の有名人物たちを軸に時代のターニングポイントを描く短編集ですか。勉強になるな~と思って読み始めたら、冒頭からヒトラーが2ちゃんのナチス叩きに凹んで自殺サイトで同志を募ってるんですけど……。

自殺オフ会に集まってくるのはゲッペルスやヒムラーやエヴァ・ブラウンで、ホロコーストよろしくみんなで仲良く練炭自殺。『その時歴史が動いた』かと思ったら、筆者ならではの身も蓋もない感じが癖になるブラックコメディ作品でした。

歴史入門にはならなそうですが、当代風の乾いた風刺ギャグなら一級の描き手による新作、気になった方はぜひお手にどうぞ! 毎月19日更新予定です。

<参考リンク>
駕籠真太郎の痛快! 歴史入門 – コミック | ぽこぽこ
ぽこぽこ – 新作マンガが無料で読めるWeb連載空間/太田出版