今週のiBooks Store無料配信は歴史ノンフィクションの金字塔『逆説の日本史17 江戸成熟編/アイヌ民族と幕府崩壊の謎』(井沢元彦)

ただいまiBooks Storeで井沢元彦の逆説の日本史シリーズ第17巻『逆説の日本史17 江戸成熟編/アイヌ民族と幕府崩壊の謎』が無料配信中です。アイヌ民族については知っているようで詳しくは知らないという方が多いのではないでしょうか。彼らがどのような歴史を持ち、どういった経緯で日本人となったのか? 大胆な視点で歴史の闇を解き明かしてくれます。

解説

幕末前夜の「闇の歴史」を暴く!

第1章では、東北地方から北海道、さらには千島列島まで、独自の文化を育んできたアイヌの歴史を照射する。和人が蝦夷地に進出する契機となった北東北の争いから和人の過酷な仕打ちに端を発した「アイヌ三大蜂起」。さらには、老中・松平定信が蝦夷地調査報告書を黙殺した理由にも迫る。
第2章では、幕末に燎原の火の如く盛り上がった尊皇攘夷思想の源流ともいえる国学思想の成り立ちを、荷田春満、本居宣長、賀茂真淵、平田篤胤ら「国学四大人」の軌跡を通じて解読する。
第3章では、天保の改革に挑んだ徳川幕府が「祖法大事」と変革の波に乗り遅れる様を詳述。優秀な官吏が国の行く末を見誤っていく歴史をあますところなく活写する。
第4章では、「なぜ日本の道路舗装率が中国・韓国などより低いのか?」という命題から、いたずらに開発に走らず、身の丈にあった暮らし、完全リサイクル社会を実現していた江戸の暮らしに陽を当てる。

目次
第1章 アイヌ民族のルーツと展開編
第2章 国学の成立と展開編
第3章 幕府外交と天保の改革編
第4章 ユートピアとしての江戸編
年表

(iBooks Storeより引用)

『逆説の日本史』は週刊ポストで連載されている人気シリーズ。日本の歴史をつくるのは「言霊、和、怨霊、穢れ」への無意識の信仰に基づく非論理的な日本人の行動と分析し、史料絶対主義を排し、その書かれた、書かれなかった背景をも深く考察すべきこと、「時代で常識とされていたことは記録されなかった」こと及び通史的考察の重要性を強調して、シリーズ全体を貫くテーマとしています。常識にとらわれない斬新な切り口での解説は史実を暗記するだけでは得られない問題提起や教訓を学べますよ。

<参考リンク>
iBooks Store|逆説の日本史17 江戸成熟編/アイヌ民族と幕府崩壊の謎