便利そうだけど「USBポート付き電源タップ」は買っても大丈夫? 人気アイテムをガチ検証してみた

⑥ エレコム
USB充電機能付き電源タップ T-UHS01-12200WH

usbc06-1

内部

usbc06-2

仕様

usbc06-5

負荷テスト結果

usbc06-3

コメント

コンセントがひとつしか無いので、テーブルタップというよりは二又コンセント付きACアダプタという感じだ。 1口コンセントが幸いしてか、AC100Vラインにはハンダ付け接続部分が無くもっとも配線が短い。 口金の板厚はエントリー中もっとも厚く、ソケット部の構造部品には耐熱樹脂が使用されている。

USB電源部は2.8A強の容量があり、識別容量に対して充分な性能だ。 ガワのプラスチックは接着剤でバリ固定されていて、一度分解したら二度と元に戻らない。

 

⑦ センチュリー
OAタップ COT2P4U2S1

usbc07-1

内部

usbc07-2

仕様

usbc07-7

負荷テスト結果

usbc07-3

コメント

3口あるコの字型のタップ部が回転するという変わった格好の製品だ。 可動部の接続がどんな構造になっているか気になった点ではあったが、中身は可動接点ではなく導線で直接接続されていた。 タップ側の蝶つがい部に導線の逃げが無いため可動部の耐久性に疑問はあるものの、そう頻繁に動かす部分ではないので問題はないのかも知れない。 口金と導線の接続が溶接なのは良い。 ただ、電源SW基板にはハンダが使われている。

USB電源部はshort識別なのでアップル系の充電では 0.5A(1W)充電となってしまうが、識別上の容量不足は無いという点では正直で非常によろしい。