便利そうだけど「USBポート付き電源タップ」は買っても大丈夫? 人気アイテムをガチ検証してみた

充電性能で選ぶならベストバイはこれ!
製品③ プリンストン
2ポートUSB給電機能付き6個口OAタップ Unitap PPS-UTAP6

usbc02-3

usbc02-4

識別容量を満足させる充分な容量の電源を搭載
6口ソケット部が3方向に可動する構造で変わり種の作りであるが、その分 AC100ラインの板金が複雑化しているのはタップ性能としてデメリットと言えるだろう。

一方、最大供給電流が4.07Aと高く、識別容量との比では他モデルより十分安定している。ただし、これは今回のエントリーの中でベストだという話。USB充電としては2.0A~2.4A識別や合計容量自動認識のポートとその倍数に見合った容量の電源を搭載するのが理想的だろう。より理想をいえば、あたかも純正充電器を使っている、もしくはそれ以上の性能を有していればよいのだが。

 

テーブルタップの信頼性ならベストバイはこれ!
製品① 無印良品!
ジョイントタップ・コンセント4個口 / USBポート2個口付 MJ1110

usbc01-1

usbc01-3

usbc01-4

耐熱性材質の基台を採用する基本に忠実な作り
無印良品のUSBポート付き電源タップは、タップ部と延長コード部を別々で組み合わせて使うタイプ。こうしたタイプだとソケット部の電力ロスや外れるリスクがありそうなものだが、わりと便利なシステムだろう。

タップ部の内部には大手家電メーカー製にも使用されるような耐熱樹脂の基台を使用。AC100Vラインにもハンダ接続部分は無く、かなりマトモな作り。USB電源部の最大出力は1.5A強と控えめだが、基板には唯一ガラスコンポジット材が使われている。

なお本製品、現在通販ではコンセント2口+USB1口の『MJ1109』しか扱っていないようだ。

 

電源タップはシンプルなもの、USB充電器は専用品がいい?

今回のエントリー中、無印良品(製品①)、サンワサプライ(製品⑤)、エレコム(製品⑥)以外の製品は、電源プラグの形状が同一であることからして、OEM供給元が同じではないかと思われる。

無印良品のタップ部のデキは良しと評価したが、それでもレベル的には大手OA周辺機器メーカーが作る物と同じといった程度であるし、他のエントリー品に至っては、大手家電メーカーの製造するテーブルタップには遠く及ばない。 ガワの構成、口金の厚みや剛性、配線、工作精度も何もかもが違う。

タップ部の電源ラインにはハンダを使用しないのが基本だ。 万が一大電流により過熱した場合、ハンダが溶けて他の部分をショートさせるからだ。 老舗家電メーカーの作る老舗テーブルタップでは、溶接、圧接、ビス留めのいずれかしかない。

電源スイッチやサージアブソーバーが基板上に組まれていたものがある。サージアブソーバーはともかく、電源スイッチを基板上に組んだ場合、タップの下流に接続した家電品すべての電力が基板の銅パターンと途中のハンダに集中することになる。 テレビなど一般家電製品本体に付いている電源スイッチは、設計上、その最大電流は織り込み済みであるから問題無いのだが、電源タップにおいては下流の負荷に何が接続されるか判らない。そんな電源ラインに、充分かどうか判らない容量の部品や構造を作るのは安全性に欠けるといえるだろう。

可動部分はなるべく無いほうが良い。可倒式のプラグや、形が変化するなど凝った作りのテーブルタップには要注意だ。ノートPCの電源程度なら問題無いが、コンセントが汎用である以上、下流にはドライヤーや電子レンジなど大電力機器を接続することができる。可動部分がある場合、その部分が損失となり過熱の原因となることがある。

国内の安全規格はクリアしているのだろうが、大手家電メーカーが販売する国産品タップと比較すると、ソケット部などの難燃性能には疑問が残る。大手家電メーカー製タップの構成部品は、ハンダごてを当てても簡単に溶けない陶器質の材質だが、今回エントリー中ほとんどのモデルは、普通の(難燃性)プラスチックだ。

USB電源部だが、エントリー中のタップには日本製コンデンサーを使用するものはひとつも無かった。電源タップというのは休むことなく通電されるものであるから、できるだけ信頼のある部品を採用してほしいところだ。

また、USBチャージャーはやはり専用品を使用するのが良い。 理由は、もともとUSB自体が高電流充電を想定した規格ではなく、充電規格部分は後付けで、すべての機器間で仕様が統一されているわけではないからだ。 昨今の主流は充電器の識別にD+、D−の電圧を検出するものだが、将来この識別方式が拡張されたりした場合、社外品のUSB充電器はたちまち使えなくなってしまうかも知れない。 専用チャージャーならタップに100Vコンセントがある限り、機種変のたびに取り替え、テーブルタップ本体は使い続けることができる。

<ガチ検証!シリーズ>
充電池はどれを買うのが正解?
10年分のキーログを徹底検証する
アマゾンの売れ筋モバイルバッテリーは大丈夫か?
コンビニで売ってるモバイルバッテリはどれがいい?
アルカリ乾電池を買うならどれがいい?
車載用USBシガーチャージャーはどれが安心?
買って安心なUSB充電ケーブルはこれだ!
電源タップをガチ比較してみると……
安物HDMIケーブルを買ってはイケナイ?
激安Lightningケーブルはアブナイ?
PS4の耐熱限界は知っておいたほうがいい

<ゆる検証!シリーズ>
キンキンに冷えた缶ビールが買えるコンビニは?
コンビニアイスコーヒー、量的にどこがイチバン?
エナジードリンクのキラキラ度を測る
150円コーヒーを選ぶほうがオトクなコンビニは?
量的にオトクなコンビニ100円コーヒーは?

 

Twitter でmitok(ミトク)をフォローしよう!