コンビニ最強マンゴースイーツはどれだ!? 新マンゴースイーツ食べ比べてみた!

写真-2015-06-09-23-46-22
マンゴーを使った新商品があふれる昨今、マンゴーもずいぶん生活に密着してきました。そんな中でコンビニで手軽に手に入ったり、店頭で食べられるマンゴーを使った商品をご紹介。どんな特徴があるのか、どれくらいマンゴーが入っているのか……など気になるポイントをチェックします!

マンゴー&オレンジフラッペ(ファミリーマート)

写真-2015-06-09-23-47-24

円柱状の氷の中央にホットミルクを入れて作る

凍ったシャーベットを店頭でホットミルクをかけて溶かすという趣向が面白い「マンゴー&オレンジフラッペ」。凍っている部分が完全に溶ける訳ではなく、ミルク噴出後に全体をかき混ぜるとちょっと堅めのシャーベットといったところ。

その名の通り、マンゴーとオレンジのミックスされた味わいでオレンジ成分強め。酸味が強く感じられるさっぱりした印象で、ミルクが加わることでまろやかさも感じられます。あらかじめ用意されている氷部分の中に、みかんのつぶつぶは確認できたものの、マンゴー片に関しては確認できず残念。

スッキリと夏らしいフラッペではあるので、マンゴー風味は軽くで十分というならオススメです。価格は税込で260円。

ウチカフェフラッペ マンゴー(ローソン)

写真-2015-06-09-23-47-40

氷の上にシロップ漬けマンゴーとクリームが乗った構成

クリームの乗ったかき氷を電子レンジで溶かして提供するローソンの「ウチカフェフラッペ マンゴー」。上段にはシロップ漬けのマンゴー片とクリーム、下段にはマンゴー風味の氷という配置になっています。

上に乗ったマンゴーだけ食べたり、下のかき氷部分と一緒に食べたり、またクリームの混ぜ具合も合わせて微妙に味を変えながらマンゴーを食べられるのはうれしいところ。ただ、シロップ漬けのマンゴーは少量なので配分を考えないとそこだけすぐ食べ終えてしまうので注意が必要かもしれません。

ファミマの「マンゴー&オレンジフラッペ」よりも氷のつぶが大きく、ザクザクとした歯ごたえの氷の食感も楽しめます。下段の氷は甘みが強く、マンゴーの風味は感じられますがマンゴーそのものを食べるのとはまた違った印象です。

シロップ漬けなのでマンゴーそのものを食べている感はそれほどありませんが、かき氷と程度に考えれば十分なフルーツ要素。甘さ強めのマンゴーテイストが味わいたいならこちらもアリでしょう。税込210円。

マンゴーパフェ(ミニストップ)

写真-2015-06-09-23-47-14

ソフトクリームとマンゴーの上にマンゴーソースをトッピング

写真-2015-06-09-23-49-51

カップの下段にもマンゴーが詰まっている

切ったマンゴーとソフトクリームの組み合わせによるミニストップ「マンゴーパフェ」。こちらはセルフサービスではなく、レジで注文して作ってもらうタイプです。

生のマンゴーそのものがいくつも入り、定評のあるミニストップの店頭販売のソフトクリームとの組み合わせ。カップには割と高さがあり、下段と上段にマンゴー、中段にソフトクリームという配置で両方がたっぷり楽しめます。

提供されてすぐだとソフトクリームには固さもありマンゴーが十分冷えた状態がひんやりと楽しめ、しばらく時間をおけばソフトクリームが溶けマンゴーも柔らかくより甘みが感じながら食べられます。マンゴー自体を食べたい人、マンゴーを使ったスイーツを食べたい人どちらも満足できオススメです。価格は税込みで340円。

アップルマンゴー(セブンイレブン)

蜀咏悄-2015-06-10-14-17-13

マンゴーのみで構成されたマンゴー100%!

採れたてのマンゴーを新鮮なうちに急速冷凍したセブンイレブンの「アップルマンゴー」。原材料はマンゴーのみのマンゴー100%で、じっくりとマンゴーそのものの甘みを味わうことができるという点が、他の商品との決定的な違い。他の三つとはジャンルの異なる商品ではありますが、コンビニで手軽に手に入るマンゴー関連商品ということで。

特に砂糖などを加えていないマンゴーそのものですが十分に甘く、単品でそのまま食べてもデザートとしてイケる実力派。解凍の程度によってアイスのように堅い冷凍フルーツのように食べたり、しばらく溶かして芯に凍った部分が残ったシャーベット風にして食べたりと異なる楽しみ方ができます。

ただ、買うのこそ手軽ですが、封を開けてしまうと再度密閉することができないのは難点。アイス代わりに一気に食べてしまうのも難しく、買ってその場で食べるのには向かないかもしれません。すぐにマンゴー味のものを食べたい!という場合は他の商品を選ぶのが良さそうです。

マンゴーだけが食べたい!という方、食べない分はすぐに冷凍庫にしまっておける環境であれば文句なくオススメ。税込213円。

結論 : 編集部的最強マンゴーは?

マンゴー自体の量ではセブンイレブンの「アップルマンゴー」の圧勝……ですが、開封して食べられる環境ならという制限はあります。その場で食べる手軽さとマンゴー量となればミニストップのマンゴーパフェのマンゴーといったところでしょうか。

ただ、どれも趣向を凝らした特徴のある味になっているので、マンゴー好きなら食べてみる価値アリ。気になったものはぜひお試しを!