“つづけられる”家計簿アプリ5選! 〜 レシート撮影で収入・支出をしっかり管理

20150628kakeibo01

収入や支出を記録しお金の流れを把握するためには家計簿の作成は欠かせません。とはいえ、なかなか日々のさまざまな出費を記録するのは面倒なものです。

今回は家計簿をつけるのに便利な5本の無料アプリを紹介。買い物をしたレシートをスマホのカメラで撮影するだけで家計簿をつけることができたり、月ごとの支出の内訳を円グラフで分かりやすく把握できたりと、手軽かつ多機能なアプリが揃っています。収支の入力するのを忘れていた日には通知機能で入力を促してくれる機能があるのも、紙の家計簿にはない利点です。

これから家計簿でしっかり収支を把握したいという方はもちろん、以前に家計簿をつけようと試みて挫折した経験のある方もアプリを使って再度チャレンジしてみてはいかがでしょう。

Zaim(無料・Zaim Inc.)

「Zaim」は買い物をした時のレシートをスマホのカメラで撮影することで支出項目の自動入力を行う機能を備えた家計簿アプリ。レシート読み取り機能は高性能で、価格など正確な数値を取得するほか品物の名前も読み取ることができます。また、レシート撮影で取得したデータの編集や、手動での支出の入力機能も持ち、細かな修正やレシートのない支出に対応します。

メニューの「分析」では支出の内訳を円グラフの形で確認することもできます。日々の収支の記録だけではなく、金融機関のデータを登録し、資産の状況を確認することも可能。手軽な家計簿としてだけではなく、資産全体を総合して把握し、先の計画を立てるといった使い方など、幅広い使い方のできる多機能なアプリです。

iOS版をインストール(iOS 7.0 以降)

Android版をインストール

おカネレコ(無料・Smart Idea inc.)

「おカネレコ」は、項目を選んで数値を入力することで収入や支出を記録する家計簿アプリです。入力した項目はリストで一覧表示が可能。「年」「週」「月」「日」でリストを切り替え、支出の状況を確認できます。

リスト形式での一覧表示のほか、円グラフの形でのグラフィカルの表示にも切り替え可能。支出の内訳を分かりやすく把握できます。入力画面とリスト(グラフ)画面の二つの画面からなるインターフェースはシンプルで使いやすく、すぐに機能を把握して使いこなせるでしょう。

iOS版をインストール(iOS 6.0 以降)

Android版をインストール

次ページでも「家計簿レシーピ!」など3本紹介!