「そうだ、海外ドール買おう。」海外製キャストドールにも手を伸ばしてみるドール道のすすめ・その5

DSC_0014

入門者向けドール情報をまとめる連載第五回目。前回までは国内メーカーとそのドール本体が中心の内容でしたが、今回は初心者にはやや手が出しづらい海外製キャストドールについてご紹介します。

国内はほぼボークスのSD(スーパードルフィー)シリーズ一強のキャストドール市場ですが、海外では韓国を中心に数多くのメーカーがオリジナルのキャストドールを販売しており、日本人ユーザーでも通販を通じて様々なタイプのドールを購入することができます。

ここでは初心者でも安全に利用できる大手を中心に各メーカーと国内代理店を紹介。国内製にとどまらず、更に理想の子を探してみたいという方は、足がかりにぜひどうぞ。

<ただいま公開中>
第1回 そうだ、ドール買おう。
第2回 そうだ、ドール増やそう。
第3回 そうだ、ドール見に行こう。
第4回 そうだ、ドールの髪切ろう。
第5回 そうだ、海外ドール買おう。
第6回 そうだ、1/6ドール作ろう。

そもそも海外製キャストドールとは?

主に2000年代前半、日本のSDブームとドールズ・パーティーの韓国での開催などを要因に、韓国を中心にキャストドールメーカーが急増。その多くがオリジナルドールを複数シリーズ展開し、アウトフィットやウィッグなども取り扱う通販ショップを用意しています。

国内キャストドール(主にSD)と比べて造形やプロポーションの幅が広く、精悍な男性から半人半獣、アーティスティックなデザインのドールまで、様々なバリエーションが楽しめる反面、本体の細かな色合いや手触りの面で、キャストの品質は全体的に国内品に劣る傾向とされています。

サイトの日本語が機械翻訳気味だったりそも外国語表記のみだったりで商品詳細を掴みづらく、問い合わせなどのやりとりも日本語に通じた担当者がいなければ外国語で行わざるをえない。ドール本体は在庫品以外の多くが注文生産で納期が3ヶ月前後かかり、もちろん送料も高く、個人輸入の形式で購入すれば関税がかかり、円安円高もモロに価格に響き……という海外通販ならではの悩みも多々存在します。

それはダルいなあ……という初心者向けに、以下では日本語サイトが用意されており比較的買いやすい大手メーカーと国内代理店をご紹介。やたらと商品画像にこだわるメーカーが多いので、駆け出しドールユーザーの方はもちろん、門外漢の人もサイトを適当に見て回るだけで楽しめると思います!

(※画像は各公式サイトから引用させていただきました。)

LeekeWorld

韓国のドールメーカー。18cm級(Doll Leeke K)から67cm級(Doll Leeke L)まで多くのサイズのドール本体を展開するが、現在は全て在庫切れ状態。本体はさておきアイやシューズといった各種サプライ、特にスタイル・カラーともに充実したウィッグは漁りがいアリ。国内の銀行振込が使えるのでラクに購入できます。

LUTS-DOLL

0703ee

▲期間限定販売中「Zuzu Delf BICHON – QUEEN Limited 2nd」商品ページより

韓国の老舗メーカー。16cm級のTiny Delfから70cm級のSuper Senior Delfまで、13シリーズのドール本体を展開する。こちらは多くが現在も注文可能。19cm級の動物ドール・Zuzu Delfが人気ラインらしく、「海外のヤツらはヤベエな……ゴクリ」という世界にひとまず一歩踏み込んでみるには最適なのでは!

BlueFairy

0703dd

▲「Tiny Fairy May」商品ページより

ヨーロッパの名門校に通う嬢ちゃん・坊っちゃんがブランドイメージな人気メーカー。40cm台のTiny Fairyを中心に、海外製には珍しい描き目タイプのMilky Fairyなども展開している。しつこくないメイクで親しみやすく、別ブランドDaydreamでも新作を発表中。支払いは国際送金になっちゃうので、面倒なら代理店でもいいし、上記のLUTSでも一部取扱いがあります。

ROSEN LIED

0703cc

▲「 Tuesday`s Child Basic Charlotte」商品ページより

国内のSDにもましてアンティーク風の美貌重視な人気メーカー。Monday’s Child(17cm)、Tuesday’s Child(26cm)、Wednesday’s Child(42cm)、Holiday’s Childとシリーズを展開し、それぞれ月曜子、火曜子、水曜子、休日子とあだ名されている。こちらも支払いは国際送金になるので、面倒ならDOLKなどの代理店で。

Brownie

0703bb

▲特設サイトトップページより

11cmのBrownieシリーズを扱う韓国のドールメーカー……ですが公式サイトが消滅。最近代理店DOLKのオリジナルブランドとして復活したようです。DOLK、アゾンほか国内ショップに取扱いがあり、手のひらサイズで安価でもあるという買いやすさなので、ちょっと妖精さんがほしいな~という気分のときにどうぞ。

次ページでは主要代理店を紹介!