夏日に作りたい「ひやしあめ」ドリンク! 和の甘さとぴりっと生姜がカラダにやさしいよ

ame05

真夏日の渇いたノドを潤すのは、コンビニで売ってるあま〜い炭酸飲料……という流れにちょっと待った!

たまにはぷち贅沢な甘さでノドを潤してみませんか? 「ひやしあめ(冷やし飴)」で。

水飴を溶いて生姜を加えた飲み物で、関西方面ではよく知られたものなのだそう。自宅でも「ひやしあめ」は作れるそうなので、さっそく試してみましたよ!

「ひやしあめ」の素を入手する

ame01

京都宇治、岩井製菓の水飴『飴の素(あめのもと)』を使って作ってみましょう。雰囲気のいい包装ですね〜。一箱300グラムで864円。

ame03

中双糖(ちゅうざらとう)や白絞油(しらしめゆ)など聞き慣れない材料が入っています。そして砂糖に土生姜とはまた、どんなお味がするのか楽しみ〜。

ame04

水飴が詰まった容器がさらに包装されています。高級な雰囲気!

ame06

器がお目見えです! きれいな琥珀色ですね〜。

ame07

濃厚そうな水飴がたっぷり詰まっています!

ame08

スプーンですくうと、琥珀の柱が立つよう。水飴がゆったり流れ落ちる様子にうっとりします。もちろん、そのままパクついても美味しいです。

次ページ:さっそく「ひやしあめ」を作ってみましょう!(超カンタンです)