カレーメシ期待の新人『マッサマン』もう食べた? ココナッツミルクが甘ウマ~いオンリーワンテイストだぞ

2015072316

7月6日から日清の即席カレーライス「カレーメシ」シリーズの新作「マッサマンカレーメシ」が発売中! 世界一美味い料理に選ばれたマッサマンカレーがレンチンで味わえるとなれば……食わない手はありますまい!

DSC_0287

水を注いでフタを乗せ、500Wで約5分30秒・600Wで約4分30秒程度レンジで加熱すれば出来上がり。作り方は普通のカレーメシと一緒ですね。辛さレベルは「カレーメシ 辛口」と同じ4辛と表示されてます。

DSC_0288

価格は税別220円、カロリーは450kcal具材は鶏肉、ポテト、ねぎ、人参で、主にココナッツミルクを効かせてコリアンダー、スターアニス、赤唐辛子など9種類のスパイスを加えたお味とのことです。

DSC_0289

フタをはがした途端、むわっと強烈なカレー臭が! 臭いは加熱後もスゴいので、やはり職場で食べるのはキツそうですね……

DSC_0290

チンして完成!……させたあと、フタを乗せたまま2,3分蒸らしました。カレーメシはすぐ食べるとややカレーに水っぽさが残るので、蒸らし時間を置いてライスに水分を吸わせると良い感じに馴染んでくれますよ。

DSC_0294

肝心のお味は……あ、そんなに辛くない。どころか、ココナッツミルクの甘さがバシバシ前に出てます。スパイシー感はピリ辛といった程度ですが、適度な辛さが濃厚な甘味を更に際立たせていて美味! 辛さ単体なら「カレーメシ 辛口」のほうがだいぶ強いハズです。

やや平たく粘り気控えめなライスのコシがある食感は健在。人参やねぎとあわせて、歯ざわりは全体にシャキシャキした感じです。逆にポテトと鶏肉はホロホロに崩れており、アクセントになると同時に味付け自体は濃厚でグッド!

具材の構成を含め、同じく日清の「カップヌードル マッサマンカレー」に似たスパイシーさ自体よりもココナッツミルク由来の甘さに深みと尖りを演出した独特のテイスト。具材の存在感の薄さや変化が少ない単調はお味はインスタントらしいチープさですが、ライスとルゥの一体感が抜群なしっとり混ぜカレーとしては大変レベルが高い印象です!

……とはいえ風味の面で言えば、パクチーが強烈に前に出たタイカレーとも、お店で食べるマッサマンカレーとも(おそらく)違う、よくわからない不思議なエスニック感なんですよね。ハーブの風味じゃ本格派には敵いませんが、濃厚な旨味たっぷりながっつりボリュームの混ぜカレーは男のひとりランチに最適なのです!

DSC_0285

<参考リンク&関連記事>
日清マッサマンカレーメシ | 日清食品グループ
世界一美味いカレーとカップヌードルが一つになった「カップヌードル マッサマンカレー」が待望の復活! – mitok(ミトク)