『おっぱいアイス』はもみすぎダメ……いや推奨! にゅるっとおいしいレトロな味が出てきます

01

暑い日が続きますね。おっぱいアイスいかがですか?

高知は久保田食品の、その名も『おっぱいアイス』(商品名)。レトロな感じがカワイイです。水風船を凍らせたような感じでゴム容器に入った丸いアイスなのですが、まあ見た目そのまんまというか。同じ形状のものを「たまごアイス」「風船アイス」といった商品名で販売しているメーカーもあるようですが、久保田食品は直球です。

02

90グラム入りでお値段は80円(税抜き)です。

03

白クマさんが吸ってます。ちなみにこの白クマさん、同社商の各パッケージに、その商品を食べているバージョンがそれぞれデザインされています。

04

袋から出すとこんな感じ。2個並べなければどうということはありません。

05

食べ方はこうです。ということで、ハサミで先端をプツンといってみました。

06

あとはひたすらちゅうちゅうと吸い出していただくわけですが……なんだかイマイチ食べにくい。出が、悪いです……。これは多分、もっと柔らかくしてから食べた方が良いのでは。

ということで、後日再チャレンジ。今回はしっかりもみもみしてからオープンしてみます。

 

もみもみ。

 

もみもみ。

 

もみもみもみもみ。

07

こんな感じでいいかしら。

ではいきますよ、プツンうわぁぁぁ

08

すごい勢いでにゅるるるるっと飛び出してきました! 容器がゴムだから、縮む力で柔らかい半液体状のものがどんどん押し出されてきます。大変大変。

いやしかし、これがイイ! シェイクのような食感、どんどん出てくるひんやり感。これぞおっぱいアイスの醍醐味といって良いでしょう。素朴でシンプルなミルク味なので、暑い日にサッパリしたい時にも最適です。見つけた方はぜひ試してみてください。

あっ、お召し上がりの際にはハサミとお皿のご用意をお忘れなく。それと、もみほぐす時はやさしくね!

09

おっぱいアイスは久保田食品の公式オンラインショップでも購入できます。

<おすすめ記事>
【閲覧注意】アキバで話題のソフトクリーム『ク・ソフト』が超強烈なルックスだった!!

<参考リンク>
久保田オンラインショップ