やみつき極上なべのレシピがkindle大セール!鍋スープなしでこんなにウマい!?

yamituki

 

冬の寒さも本格的になり、皆で鍋でワイワイしたり一人用土鍋でありあわせの材料で鍋を作ったりして一人晩酌などがはかどる季節になってきました。

鍋の魅力は、具材をなんでも適当に入れてもちゃんと美味しいところです。しかし、カンタンな分細かい工夫をする余地があまりないように思えるのも事実。気分を変えたいときはスーパーで新しい味の鍋スープを買うなどしてバリエーションを変えている人も多いのでは? 家の醤油味やなんでもゆずぽんで食べるのもじょじょに飽きてきますしね。

そんな鍋テイスト難民にオススメしたいのがこの『笠原将弘のやみつき極上なべ [Kindle版]』。書籍では1382円だったのがKindleではなんと100円で大セール中です。100円といえば、鍋スープ1/3人分ですよ。それで家にある調味料だけで作ることのできるさまざまな味のスープのレシピを豊富な写真とともに学ぶことができます。

著者の笠原将弘さんは、広尾の人気和食料理店『賛否両論』のオーナー。前身は焼き鳥屋だった同店を、予約待ち数ヶ月とも言われる人気店に育てあげた人物。褒められるだけでなく否定的なことを言われるのも恐れないという姿勢から名づけた「賛否両論」の店名のように既存の和食界に収まらない挑戦をし続けています。

鍋物では、oisixと組んでoisix人気NO1スープ『やみつきラー油鍋』なども販売し実績は十分。本書内で紹介されている鍋のレシピにももちろんラー油鍋、アリます!

他に紹介されているのは

  • 海鮮しゃぶしゃぶ
  • カニとかぶのとろみ鍋
  • はまぐりの沢煮鍋
  • 梅みぞれモツ鍋
  • ふわふわメレンゲ豆乳鍋
  • トマト鱈ちり

など、名前を聞くだけでうぐぐ……となるレシピばかり。具材を揃えられなくてもスープのアイデアをもらうだけでも購入の価値は十二分にあります!

サイト「CHEF-1」では、「賛否両論」オーナー笠原さんのレシピ動画が公開中で、鍋では「みぞれ鍋」もあります。

自分もオープン当初から予約が必要になるまでちょくちょく通っていたんですけど、コース一通りで5000円程度と和食のわりに安く、美味しかった記憶があります。海老しんじょうは今もだいぶ食べたいですね。今すぐ食べたい。

ま、一緒に鍋を囲んでくれる彼女が一番欲しいんですけどね……。彼女が「笠原将弘のやみつき極上なべ」抱えてやってこないかな(カモネギの新しい表現)。

というわけで、「笠原将弘のやみつき極上なべ」、スーパーで鍋の材料買うときにスマホでパッとレシピも確認できるKindle版、アリだと思います!