あの崎陽軒がシウマイ味のホットドッグだと!?「横濱シウセージドッグ」が伊勢佐木モール店で買えるぞ!

06

横浜土産の定番といえば崎陽軒のシウマイ。新幹線に乗る時には崎陽軒のシウマイ弁当をつい買ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

神奈川県内・県外にもファンの多い崎陽軒ですが、展開する店舗のひとつ「伊勢佐木モール店」ではシウマイ味のソーセージとパンを組み合わせた「横濱シウセージドッグ」が食べられるというのは知らない人も多いかもしれません。「シウマイとソーセージがひとつに!?」という変わったキャッチフレーズを持つ「横濱シウセージドッグ」を実際に店舗を訪ねて試してみました!

01

伊勢佐木モール店前には大きな看板パネルが掲示。黄色をベースにした色合いと「横濱シウセージドッグ」の文字は近くを歩くとかなり目立ちます。

03

伊勢崎モール店に入り、「横濱シウセージドッグ」(税込340円)を注文。店舗内で調理され、温かい状態のまますぐに受け取れるのはイートインならではです。

早速ソーセージを食べてみると、確かにシウマイ味! シウマイを棒状にしてあるというわけではなく、ソーセージならではのひき肉の風味とプチプチとした歯ごたえが楽しめる一方で、後味には崎陽軒のシウマイらしさがあるという不思議な味わいです。崎陽軒本店のブーランジェが焼きあげたという専用のパンはもっちりとしてこちらも美味。

04

シウマイと同じように崎陽軒特製のカラシも付属。カラシを追加することでシウセージドッグの味はどう変わるのか、ここは試すしかないでしょう。シウマイであればカラシのほかに醤油も付いてくるところですが、シウセージドッグの場合はしっかりとソーセージに味が付いているので醤油はありません。

05

ふつうのホットドッグでもカラシは定番のトッピング。シウセージドッグの場合は単に辛さを足すだけではなく、崎陽軒のシウマイらしさがさらにアップさせる効果があります。

この不思議な美味しさの「横濱シウセージドッグ」は、本来は横浜スタジアム内のみでの販売で、球場以外で食べられるのは伊勢崎モール店のみ。まさにここでしか食べられない横浜グルメの一つです。

崎陽軒ファンは、横浜を訪ねた際にはぜひ伊勢佐木モール店にも足を運んで「横濱シウセージドッグ」を試してみてはいかがでしょうか!

次ページではイートインで食べられるチャーハンとカレーをチェック