【Web漫画】新人漫画家メガネっ娘、枕営業待ったなし!? 『こんな編集者と寝てはいけない』がゲス面白くてハラハラするぞ!

0730mangab

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

なかまひろ『こんな編集者と寝てはいけない』 マンガボックス連載

ドラマが話題になった『アオイホノオ』しかり、少し前だと『バクマン。』しかり……漫画家を目指す若者を描いたマンガといえば、リアルな業界ウラ話と身につまされる青春ドラマで多くの読者を惹きつける人気ジャンル。先行する名作も多いですが、んなもんガン無視して「枕を強要してくるマンガ編集者ってやっぱいますよね?」というゴシップ的な興味だけでお話が進む超ゲスい漫画家マンガもあったりするんです!

連載が取れない新人マンガ家・田中マチ子(25)は、しょうもない下ネタを連発する編集者・平野に突然寿司をおごられ、「載せてやっから」とそのままホテルに連れ込まれる。痛くてできなかったけど、これで一歩夢に近づいた!

……と思いきや、平野は部署異動して連載はパー。「編集者のバカヤローが!!」というマチ子の叫びに続いて、天の声が今回のダメ編集に対する総評を下し、「ということでこんな編集者と寝てはいけない」と教訓的に一言……あれっ、これでオチたの!?

そんなフォーマットで「☆次回の担当編集のいそう感やばい☆」とか煽りつつ、元マンガ家の無駄に熱い編集、売れ線分析好きのデータ主義な編集、新人賞の出来レースを持ちかける編集、大手携帯会社の出版部門のオヤジ、レズっ気濃厚な女性編集などなどあらゆるアカン編集者にあの手この手で言いくるめられ、マンガのためと下着を渡したり乳を揉まれたり膝枕をしてあげたり……世知辛すぎ!

これがマン◯ボックス編集部が考えるリアルなんですか!?」と絶句した漫画家志望の皆さん、大丈夫です。「*この作品は完全なるフィクション作品であり、 また、マンガボックス編集部ならびに編集協力をいただいている各社編集部はすべて、 作品で描かれているような事実はなく、 真摯に作家の漫画製作をサポートしています」と明記されているのでご安心を。長々と言い訳がまし……ゲフン!

友情も青春もタメになるマンガ論も一切ナシ。「よくもこんなヒドいマンガを!」なんて怒らず、田舎から出てきたポニテのイモいメガネっ娘がひたすら困っていく様を楽しく見守っていこうじゃありませんか。心ないアンモラルさゆえの気楽な読み味が光るマンガボックスの意外な人気作、アプリからだとバックナンバーほぼ全話読めるのでぜひどうぞ!

 

『こんな編集者と寝てはいけない』掲載情報

・作者:なかまひろ
・掲載メディア:マンガボックス

ほかのおすすめWebマンガをチェック!