【Web漫画】このスライム……超可愛いな!? 癒し系人外コメディ『博士とスライムちゃん』は要注目作!

2015-08-01 13.21.13

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

井崎那由多『博士とスライムちゃん』 comico連載

スライムってエロくないですか? いや、『ドラクエ』以来定番の擬人化ネタですし、最近『モンスター娘がいる日常』でも常に全裸なおっぱい可変型美少女として映像化されてて、すごいなーと思ったんですよね。というわけで別にエロくはないですが、そうした意欲的なスライム描写のひとつを独自に光らせている、なかなかキュートなWebコミックをここにご紹介いたします。

どこぞの錬金術士よろしくのっけから人体を作る実験を行う爽やかマッドサイエンティスト・博士。ところが出来たのは水色をしてプルップルにまんまるな半液状体の謎生物(アホ毛つき)。つぶらな瞳で「ピャッ」と鳴くそのスライムちゃんは「ライム」と名付けられ、博士と生活を共にすることに。

謎のスライム観察コメディは、基本的にほのぼのテイスト。その特色は随所に見られるスライム愛で、博士は『ドラクエ』以前の『D&D』やTRPGにおける、ドロドロの液状体で物理が効かないヤバいスライム像にも慣れ親しんできた通な人外大好きマン。可愛い顔して何かと衝撃でビチャッと四散するライムといかに付き合うか試行錯誤していく。

衝撃で破裂するとスゴい勢いで再生するが、徐々に水分が減って小さくなってしまうライム。水を飲ませるとデカくなるし(駒込ピペットから水をちゅーと吸うシーンがよい)、逆に塩をかけると瀕死状態になってしまう。ナメクジ的なアレですかね……? あと腕を生やしたり(こわい)、意外とさくっと言葉を覚えたり、そんなスライムの生態がじっくり丁寧に描かれてるのでスライムファン的にはたまらないものがあります。

登場する人外はスライムのみならず。大樹の精霊(緑髪)ダリアや半魚人のシドなど、博士の住処には奇妙な面々が勢揃い。博士の目的やライムの正体はもちろん、登場人物たちの背景などはまだまだ謎に包まれており、地味に今後の展開が気になる一作となっておりますよ。

ところでこのスライム、オスとメスどっちなんですかね……? 今のところ定かならぬのですが、人懐こくて健気でストレートに可愛いので、女の子だととても嬉しいです。なんにせよ全国のスライム好きの貴重な栄養源になってくれること間違いなしな一作、イケる御仁はぜひどうぞ!

 

『博士とスライムちゃん』掲載情報

・作者:井崎那由多
・掲載メディア:comico(毎週木曜更新)

ほかのおすすめWebマンガをチェック!