ファミマ限定『パインアップル輪切りアイス』は普通の冷凍パインとどう違うか大比較!

DSC_0720

ファミリーマートで数量限定の新作アイス「パインアップル果肉を楽しむ 輪切りアイス」が発売中! パイン果汁&果肉50%入りで、本物の輪切りパインのような食感が楽しめるアイスとのこと。

美味しそうだけど、それ普通にパイナップル冷凍させればよくね? どういう違いがあるの? と気になったため、市販の輪切りパインを冷凍させたものと食べ比べてみました!

見た目からして普通のパイナップルとそっくり!

DSC_0757

・左:「パインアップル果肉を楽しむ 輪切りアイス」(以下、輪切りアイス)(税込120円)
・右:輪切りパイン4枚入り缶詰「ドール パイナップルスライス 234g」(税込120円前後)うち2枚のパインを凍らせたもの

ぱっと見ではほとんど同じ見た目。色合い、放射状に透けた筋、中央の穴の広さあたりで見分けがつく感じでしょうか。細かく比較すると輪切りアイスは約2倍の厚みがあり、直径もやや長めで、穴も小さくズッシリ。個体差はあるものの、1枚あたりのサイズでは輪切りアイスのほうがビッグです。

しかし、ほぼ同価格で輪切りアイスは1枚、コンビニでも見かけるフルーツミニ缶詰が4枚入り。コスパ的には缶詰の圧勝なので、輪切りアイスにはそれを補って余りある独自の魅力を求めたいところです。それでは比較スタート!

 

まずは普通の冷凍パインを作ってみる

ローソンなどで見かける透明フタ&ミニフォーク付きのプルトップ型フルーツ缶詰(1フラット缶と言うようです)、「ドール パイナップルスライス 234g」を調達。冷凍パインの作り方は簡単、シロップに浸かった輪切りパインをそのままドボンとタッパーに移して、冷凍庫で24時間ほど寝かせます。

DSC_0756

凍ったシロップを砕くとみぞれ氷になって、凍っただけでアイス感というか、涼感ある良いデザートの風情を醸しています。冷凍フルーツって明らかに美味くなるのは分かるものの、一手間かかるので普段なかなか食べないんですよね……。それでは一口いってみます!

DSC_0761

う~ん、ひんやりした口触りと濃厚な甘酸っぱさがタマラン! 食感は適度に筋っぽさがあり、表面に張ったシロップ氷とあわせてシャキシャキの歯ごたえです。更に果汁と溶け始めたシロップがスイートで超ジューシー……文句ナシのお味です!

冷凍フルーツ、やっぱり夏にぴったりですね~。これはこれで暑い日には欠かせない一品。あらためて冷凍パインの美味しさを確かめたところで……輪切りアイスは冷凍パインのテイストをどこまで再現し、どこで独自性を出しているのでしょうか?

DSC_0759

冷凍パインvs.輪切りアイス、勝負の行方は次ページで!