【12月31日のKindleセール&新刊まとめ】このミス海外編2位『遮断地区』(東京創元社)が499円セール中!ほか

kindle(50_2

kindleストアでは日々電子書籍の新刊がリリースされ、頻繁に割引セールが実施されています。でも、毎度そんな情報をチェックしに行くのは面倒ですよね? というわけでkindleストアの新刊&セール情報をまとめてみましたよ!

※ここで紹介しているセール情報は記事掲載時のkindleストアの情報をもとにしています。同ストアの事情等により価格等が変わる場合がございますのであらかじめご了承ください。

本日の日替わりセール本はこちら!

大晦日は、東京創元社から海外ミステリ小説『遮断地区』 (ミネット・ウォルターズ著/成川裕子訳)、学研パブリッシングから『世界遺産の街シリーズ2 世界遺産の街を歩こう』の2タイトルがセール対象になっていますね。

『遮断地区』は英国の人気女流ミステリ作家、ミネット・ウォルターズによる最高傑作と名高い一冊。「このミステリーがすごい! 2014年版海外編」(宝島社)で2位、「ミステリが読みたい!2014年版」(ミステリマガジン/早川書房)で1位のほか、各誌で絶賛されているので、冬休み中にじっくり読みたいところです。『世界遺産の街を歩こう』はタイトルどおり世界遺産のガイドブック。来年の旅先候補をこの本から選んでみるのも楽しいかも!

『遮断地区』は499円(通常価格1,361円)、『世界遺産の街を歩こう』は199円(通常価格596円)です。