【1月4日のKindleセール&新刊まとめ】休暇最終日で鬱々してるなら、中島らも『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』(199円)はいかが?

kindle(50_2

kindleストアでは日々電子書籍の新刊がリリースされ、頻繁に割引セールが実施されています。でも、毎度そんな情報をチェックしに行くのは面倒ですよね? というわけでkindleストアの新刊&セール情報をまとめてみましたよ!

※ここで紹介しているセール情報は記事掲載時のkindleストアの情報をもとにしています。同ストアの事情等により価格等が変わる場合がございますのであらかじめご了承ください。

本日の日替わりセール本はこちら!

正月三が日が終わってしまいました。本日が休暇最終日という方、やること無くぼ〜っと過ごすなら読書でもいかが? ということで、本日は中島らもの『僕に踏まれた町と僕が踏まれた町』が199円(通常価格475円)のセール中なのでおすすめですよ! ファンにはおなじみですが、故中島らもは超進学校の灘中・高生時代にさまざまな体験を通じて次第に落ちこぼれていきました。本書はそんな筆者の青春時代を、独特のおかしみと哀しみで描いたエッセイです。明日から仕事かぁ〜、なんて鬱々している人には、じんわりと染み込んで気が軽くなる効能がありそうなしますよ。

もう一冊のセール本『なぜ勉強するのか?』(299円/通常価格756円)は『リング』『らせん』などの貞子シリーズで人気作家となった鈴木光司の著作。自身の子育てや塾講師などの経験を通じて、子どもが勉強するモチベーションを持つために大人はどんなアプローチをすればよいのかを考え続けてきた著者が、勉強の本質を伝えます。子どもが勉強する意味に悩むのと同じように、その問いに答えられずに悩む親御さんも多いかと思います。本書がそんな悩みを解消するきっかけになるかもしれませんね。