世界にたった1台のベンツ誕生 「こんなメルセデスに乗りたい!」を学生がデザイン 〜 ヤナセ創立100周年企画

2015090219

若者のクルマ離れが進んでいるという話はよく聞きますが、そんな状況下で若年層のクルマ業界への関心度を高めようと、EMGマーケティングが学生を対象にメルセデス・ベンツ「GLAクラス」のデザインコンテストを開催しました。「こんなメルセデスに乗りたい!」をテーマにカーデザインを募集し、最優秀作品をもとに世界に1台のベンツが誕生。どんなデザインなんですかね〜!?

というわけで、最優秀作品によるスペシャルベンツ(←世界に1台ですぞ)をさっそくチェック!

2015090217

こちらのデザインを手がけたのは、千葉大学大学院で製品デザインを研究する大木佑太さん。作品タイトルは「GLA CLASS+100km」。さまざまなライフスタイルにあわせた乗り方が楽しめる「GLAクラス」をイメージし、「行動半径がさらに100km広がるようにデザイン」したのだとか。たしかにこんなに素敵なデザインのベンツに乗れたら、さらに色々な場所に行きたくなりますね!

2015090218▲最優秀作品に選ばれた大木佑太さん(左から3人目)、審査員特別賞に選ばれた佐々木翔平さん(右から2人目)

ちなみにこの「こんなメルセデスに乗りたい!コンテスト」はヤナセ創立100周年を記念して実施されたもの。特別審査員に、日本のカースポーツ界のレジェンド、星野一義さん(ホシノインパル代表取締役社長)を招き、5カ月ほどの期間を経てデザインを精査。多くの応募があった中、デザイン性と実現性のバランスに優れた大木さんの作品が最優秀に選ばれたそうです。

<参考リンク>
ヤナセ
ホシノインパル