あなたの「耳年齢」は何歳?iOSアプリ「Mimiヒアリングテスト」でカンタン測定!

20150901mimi_ec01

視力検査を受ける機会は折にふれありますが、聴覚のテストを受ける機会というのはなかなかないもの。自分がどの程度の音の聴き取り能力を持っているか、正確に知っている人も少ないのではないでしょうか。

今回は、スマホとイヤホン・ヘッドホンなどを使って聴覚テストを行うことができるiOSアプリ「Mimiヒアリングテスト」を紹介します。テスト方法は再生される音に併せて画面にタッチするだけとカンタン。周波数帯ごとの聴き取り能力を、左右の耳で別々にチェックできます。左右の聴き取り能力の違いを調べる機会もなかなかないんじゃないでしょうか。

聴き取り能力のテスト結果に併せて調整した音質で、端末内に保存された音楽を聴く機能があるのも「Mimiヒアリングテスト」の特徴。普段聴いているのと同じ音楽ファイルを再生しているはずなのに、かなり聴こえ方が違って面白いのでiOS端末ユーザーはぜひお試しあれ!

Mimiヒアリングテスト(無料・Mimi Hearing Technologies)

Mimi Hearing TechnologiesによるiOSアプリ「Mimiヒアリングテスト」。詳細な内容の聴覚テストを手軽に行うことができます。

アプリを起動させたら、「テストをはじめる」をタップすれば即テストを実行することが可能。実際に聴き取りを行う前に、使用するイヤホン・ヘッドホンを指定します。メニューに表示された「Apple EarPods」「Senhaiser HDA200」を使用するとより正確なテスト結果が出るとのことなので、もし利用できる環境にあるようならこの2つのいずれかを使用すると良いでしょう。それ以外の世のほとんどのイヤホン・ヘッドホンを使用する場合は「他のヘッドホン」を選択します。

使用する機材を設定したら聴覚テスト(クイックテスト)がスタート。画面に大きく表示された周波数の音が左耳側、右耳側のいずれかから再生され徐々に大きくなってくるので、聴こえた時点で左右いずれかのボタンをタップします。小さな音を聴き取る必要があるので、なるべく外の音が聞こえない環境でテストを行うと良いでしょう。

複数の周波数で同じ内容を繰り返してテストは終了。テスト結果が「耳年齢」という形で表示されます。その際に右耳、左耳のどちらでの聴き取り能力が高いかも確認可能。耳にも手でいうところの「利き手」のような「利き耳」があるというのは、知らなかったり、今まで意識したことがなかったという人も多いのではないでしょうか。

より詳細な「精密テスト」を受けることもできます。通常のテストはアプリを起動すれば誰でも行うことができますが、精密テストはユーザー登録が必要。ユーザー登録はメールを送信するのみで無料で行うことができます。

精密テストでは、さまざまな音量で鳴る音が、鳴っている間だけ画面に触れるといった形で聴覚をチェック。左右それぞれの耳で各周波数帯のテストを行い、詳細な聴き取り能力を計測します。左右の耳それぞれでの、得意な周波数、不得意な周波数が分かるというわけです。自分の聴き取り能力の左右での違いを詳しく知る機会もなかなかなく、意外な結果が出るかもしれません。

iTunesライブラリの音楽や、端末のマイク機能を利用して聞くことのできる生活音を、テスト結果で診断された聴き取り能力にあわせて音質を調整して楽しむことができるのも「Mimiヒアリングテスト」の特徴です。

特に音楽を再生する「MIMIミュージック」では、普段聴いている音楽の聴こえ方が激変。イコライザー機能を使って好みの音質で音楽を聴くという人は多いと思いますが、それ以上に効果が感じられること間違いなしです。まるで解像度が上がり、高音質になったようにさえ聴こえるのには驚くことになるのではないでしょうか。

普段、聴覚のテストを行う機会がないという人は、試してみれば自分の耳の持つ意外な特性を知ることができ、いつもとは違った音楽体験までできてしまう「Mimiヒアリングテスト」。自分の耳や、音楽に興味があるという人なら試してみて損はありませんよ!

iOS版をインストール(iOS 8.0 以降)