あのカラシビ味噌ラーメンの最強店「鬼金棒」がファミマ限定カップ麺に! 凄みのある旨味に汗が止まんねー!!

2015090201

東京・神田にある「鬼金棒(きかんぼう)」は味噌ラーメンの有名店。唐辛子の辛さと花椒の痺れが特徴の「カラシビ味噌らー麺」は、そのパンチの効いた味に魅了された「カラシビスト」なるものを日々増やし続けています。

筆者もその一人で、鬼金棒好きな編集者とともに2、3日に一度は食しておりました。そのカラシビ味噌らー麺がファミリーマート限定商品『凄旨 鬼金棒カラシビ味噌らー麺』として登場したからにはカラシビストとしては食べずにいられません! ちなみに価格は268円

2015090202

ラベルには鬼金棒のトレードマークである鬼と店主・三浦正和氏監修の文字があり、期待が持てます。製造元はニュータッチシリーズで人気のヤマダイです。

2015090203

ラベルの右側には「別添 シビレ油 付き」の文字が。イメージ図のスープに浮いている黒い油がコレです。注記があるようにビリビリきます。いやはや、ますます期待度は上がりますなぁ。

2015090204

カップの中はかやくと味噌スープ、それとラベルに記載されていた調味油「シビレ油」が入っています。かやくのみを先に入れて、スープと調味油は後入れタイプです。

2015090205

かやくの中身はミートとネギ、モヤシと一般的なものですね。ちなみにお店のラーメンはこのほかに金棒に見立てたヤングコーンとニラが少々、チャーシューが入っています。で、この時は気が付かなかったのですが、かやくにも仕掛けがありました。

2015090206

麺はノンフライの太麺調理時間が5分と長めなことからも、シコシコで歯ごたえのある食感が楽しめそうです。で、このときにかやくの袋も開けてみたのですが、開封した瞬間に花椒の香りがほわーんと漂います。先ほどの写真をよく見ると、袋の下にうっすらと何かを挽いたものが写っておりますが、これ花椒だったわけです。この香りで期待度はMAXです!

2015090207

熱湯を注いで5分待ち、麺をよくほぐし、スープと調味油を入れてできあがり! カップのままだと見栄えがよくないのでラーメン丼にうつしてみました。もう、この時点で花椒の香りがあたり一面に漂い、パブロフよろしく、口の中が唾液で満たされてきます。スープの色も本物にかなり近い印象です。

2015090208

もーたまらん! ということで、さっそくがっつきます!

麺は期待していた通り、シコシコつるつるでカップ麺としてはなかなかよくできています。味はカラシビ味噌らー麺らしい、ガツンとした辛さとワンテンポ遅れてやってくる痺れがたまりません。それにただ辛いだけでなく、味噌のしっかりとした味もこのラーメンの特徴ですが、それもきっちり再現されています。期待はしておりましたが、期待以上の出来でした。

惜しむべきはモヤシの量。鬼金棒で食べるラーメンはシャキッと炒められたモヤシがいい仕事をしてくれるのですが、かやくに入っているモヤシは少ないというか、無いに等しいレベル。モヤシは自分で別に投入するとなお、楽しめるかと思います。

辛さも痺れも味も濃い「凄旨 鬼金棒カラシビ味噌らー麺」は、自宅でガツンと一発、パンチの効いたラーメンを食べたいときにはオススメです。でも、このダブルの辛さはかなり効きますので、苦手な人はやめておきましょう。ちなみに、お店だと辛さと痺れの度合いを”抜き〜鬼増し”まで選べるのですが、この商品では普通・普通になっています。

2015090209▲こちらは実店舗で食べられる「カラシビ味噌ラーメン、パクチー、もやし増し」。ぜひ足を運んでみましょう。

<おすすめ記事>
目玉の食感が……やばい! コープスパーティーと池袋・鬼金棒の夏限定コラボ冷麺がどうかしてる
広島式汁なし坦々麺が東京進出!「キング軒」はシビれるうまさだった!
いま汁なし麺が激戦区! セブン『混ぜて食べる!汁なし麻婆豆腐麺』は繊細味×ガッツリ量で超お得だった
ファミマの248円「汁なし担々麺」がまるで専門店級!?

<参考リンク>
ファミリーマート|凄旨 鬼金棒カラシビ味噌らー麺
Facebook|カラシビ味噌らー麺 鬼金棒