あなたの知らない「コンビニ限定どら焼き」の世界 生どら・チョコプリン・ラムレーズン……深すぎる

01

どら焼きと言えば、幅広い年齢層に愛される定番中の定番のお菓子。実はコンビニ各社は凝った商品展開をしています。

今回は、コンビニ限定で販売されているどら焼きを総まとめ。意外に知らないどら焼きラインナップの実態に迫ります。全部知っている、また食べたことがあるという人はかなりのどら焼き通!

生どら焼(小倉クリーム)(ローソン) おすすめ度:☆☆☆☆☆ もちもち度:☆☆☆☆☆

a01

まずはローソンの「生どら焼(小倉クリーム)」から。生どら焼きとは、餡の部分に生クリームの入ったどら焼きのことです。

a02
袋から出した見た目は、まさにどら焼きとしか言いようがない姿。特に派手な特徴があるわけではありません。

a03
皮はきめが細かくもっちりとして高級感あり。適度な歯ごたえのある食べ応えは見た目以上にボリュームが感じられます。

小倉あん風味のクリームはまろやかで、小豆がしっかりと形を残したつぶあんのようです。ゆめむらさき小豆は柔らかさと、しゃきっとした小豆の皮の食感もあります。

普通のどら焼きと変わらないシンプルな見た目に反して、皮、あん共に趣向をこらした贅沢な「生どら焼(小倉クリーム)」。どら焼きや和菓子好きならずとも試してみてほしい一品です。税込150円で熱量は256kcal。

<参考リンク>
生どら焼(小倉クリーム) | 商品情報|いつでもおウチがカフェになる。ウチカフェスイーツ|ローソン

リラックマどら焼(プリンムース)(ローソン限定) おすすめ度:☆☆☆★★ kawaii度:☆☆☆☆☆

b01
「リラックマどら焼(プリンムース)」は昨日紹介した『自分でつくる リラックマロールケーキ』と同じリラックマとローソンのコラボ商品。かわいらしいパッケージが特徴です。

b02

表面にはリラックマの焼き印で袋から出してもかわいさ満点。見なれたどら焼きのビジュアルもイラスト一つで結構変わるもんです。

ちなみに、焼き印で他のどら焼きと違った面を表現するというのは今回多くのどら焼きを紹介する中でこの「リラックマどら焼(プリンムース)」のみでした。

b03外側に見えるのがプリンムース、中心部にあるのがカラメル入りホイップクリーム。プリンもカラメルもどら焼きの皮と一緒に食べてもハマり、違和感はありません。

皮はきめ細やかでやわらかくふわっとした食感。間に挟まれたあんの内容からプリンを挟んだパンケーキのようにも感じられる味わいですが、皮の表面の歯ごたえは確かにどら焼きです。先に紹介した「生どら焼(小倉クリーム)」と似た食感なのは製造が同じモンテールだからでしょうね。こちらもやまいも入り。

税込150円で205kcal。キャンペーンのリラックマガラスボウルプレゼントに応募するためのシールも付いてます。リラックマファンはもちろん、思わぬ美味しさのある洋風のどら焼きを試してみたい人はぜひ!

<参考リンク>
リラックマどら焼(プリンムース)|ローソン

ふんわりとろける生どら(セブン-イレブン) おすすめ度:☆☆☆☆★ ふんわり度:☆☆☆☆☆

c01

セブン-イレブンオリジナルの生どら焼きが「ふんわりとろける生どら」。「ふんわり」が強調されているのが特徴です。

c02

 

皮には特に焼き印などはなく、至って普通のどら焼きといったビジュアル。袋から出すのに触れた感触もふんわりしているような気がします。

 

c03触れて分かる皮の柔らかさは、実際に食べてみるとより良く感じられます。軽い歯触りはかなりのふんわりさ。

間のあずきホイップは甘さ控えめでまろやか。皮のふんわり食感の妨げにならない優しい食感です。ふんわりした皮とホイップの中でアクセントになっているのが小豆の皮。小豆自体は柔らかい仕上がりですが、皮の食感がしっかり感じられるのはどら焼きらしさを感じる部分です。

ふわっとした柔らかい皮やあんをどら焼きに求めるならオススメの「ふんわりとろける生どら」。パッケージの表示によると、保存は10度以下とされていますが、食べる前にしばらく常温においておくとより柔らかさが感じられます。税込160円、熱量は294kcal。

<参考リンク>
ふんわりとろける生どら|セブン‐イレブン~近くて便利~

次ページでは「チョコプリン」など変わった味から定番の「栗どら焼き」まで紹介!