コンビニドーナツに新機軸!ローソン「クイニーアマン」はパリパリサクサク食感デニッシュ!

00

コーヒー販売に続いて各社がはじめたコンビニ店頭でのドーナツの販売。新商品を追加しつつすっかり定着してきた感があります。

そんな中、ローソンから新商品「クイニーアマン」が登場。クイニーアマンとはフランスはブルーニュ地方のお菓子で、これまでにも菓子パンなどのシリーズでコンビニで販売されることはありましたが、ドーナツと同じように店頭販売されるのは史上初のこと。気になる「クイニーアマン」を食べてみました。

01

クイニーアマンも他のドーナツ類と同様に店頭のケース内での展示販売。レジで口頭で注文を行うと、専用の紙の袋にその場で入れてくれる形です。税込120円。

02

クイニーアマンのキャラメリゼ(キャラメル化)した面は、ぺったりと紙袋の内側に貼りつくほどの粘度があるので注意。包装が貼りついて破れてしまったり、キャラメリゼ部分がはがれて袋に残ってしまわないよう袋から取り出しましょう。

袋は丈夫なので買ってすぐに食べる場合には問題なさそうですが、しばらく置いておいて後で食べる場合などには貼りつき具合をよく見て慎重に袋から取り出すのが良さそうです。

03

袋から出したクイニーアマンの姿はこちら。店頭に置かれたケースではデニッシュ生地部分が正面に向く形になっているので、このキャラメリゼ面は裏側になり見ることができません。

キャラメリゼはつやつやと美しく、クイニーアマンの特徴のひとつであるバターの香りも漂ってきます。

04裏返すとこのような姿。立体的なデニッシュ生地。店頭のドーナツケースではこちらが見えるように展示されています。よく見ると底に濃い茶色のキャラメリゼ部分も少し見えていますね。

05実際に食べてみると、板状のキャラメリゼ面は噛めばパリパリと割れる小気味良い食感。硬すぎることもなく、簡単に割れる厚みです。しっかりとした甘味のほか、焦がしたような香ばしさもあり。

幾重にも折り重なったデニッシュ生地はふんわりとしています。濃厚なバターの風味は高級感あり。デニッシュ生地部分は空気を多く含んだ生地のおかげかサクサクと軽やかな食感で、バターの味に加え塩気が強調された味わいですが、重く感じられません。

キャラメリゼ面のパリパリ感にバターのまろやかさと塩気が甘さを引き立てた複雑な味わいはまさにクイニーアマンならでは。 甘味もバター風味も塩気も濃厚に感じられつつ、軽く食べられてしまいます。

061/4サイズにカットして裏返した姿がこちら。外周部は色が濃くキャラメリゼ面も厚く、中心部は色もキャラメリゼも薄くなった仕上がりです。

部分により厚みが違うため、一緒に食べるデニッシュ部分は同じでも、キャラメリゼ部分のどこを食べるかで歯ごたえは異なり、バリエーションのある複雑な味わいが満喫できるのも楽しいところです。

キャラメリゼ面のしっかり厚みがありつつパリッと割れる食感と、デニッシュ生地のサクサクした軽い食感が楽しめるローソンの「クイニーアマン」。洋菓子好きはもちろん、手軽に食べられてドーナツより高級感やボリューム感が感じられるスイーツを試してみたい人にはオススメです! 120円でこれが食べられるのはかなりおトクなんじゃないでしょうか。

<参考リンク>
クイニーアマン|ローソン