【Web漫画】フェンシング漫画の雄! ド迫力の王道スポーツバトル『神のスピード』に要注目!

0905manga

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

IRE『神のスピード』 レジンコミックス連載

「今時スポ根は流行らない」なんて物言いもされるけど、スポーツものは現在でも漫画の一大人気ジャンル。野球やバスケのみならず、マイナーな競技を取り扱った作品も数多く存在します。そんな中でも、まだまだ題材になりにくい競技がフェンシング。『ダッシュ勝平』で突然卓球やフェンシングをやり出すようなアレではなく……真正面からフェンシングに青春を賭ける若者を描いた珍しいスポーツ漫画が、実はWebに載ってたりするんです!

中学最後のフェンシング大会で準決勝敗退に終わった結城理(おさむ)。優勝を果たした親友かつライバルの天才児・沢圭太は「高校でも理とフェンシングをやりたい」と友情に厚いが、理は圭太のスカウトを目論む名門・国際高校フェンシング部に狙われ、徹底して叩きのめされる。自らの限界と親友への劣等感にぶち当たった理は、6年間やり続けたフェンシングを捨てて圭太と離別してしまうのだが……

いわゆる熱血系とは異なる主人公、その挫折を導入とした起伏ある展開は、海外作家の作品ながら今時の少年漫画らしい組み立て方。高い画力で描かれる迫力のフェンシング描写、女性読者にはドキドキものな主人公のことが好きすぎる親友キャラなどを取っても、ジャンプに載ってておかしくないレベルのかっちり不安げない読み味で読者を惹きつけてくれます。

高校に入学した理はフェンシング部を新設せんとする女生徒・井深(赤髪八重歯っ子!)に強要され、部のマネージャーとして部員探しに奔走。集まったのはちびっ子剣道少年の森、女好きの富岡、巨漢なのに内気でぬいぐるみ好きな五十嵐などなど。井深はそんな素人集団で全国大会優勝を目指すと言い出して!?

お話の筋は実に王道ですが、フェンシング専用体育館がなぜか城館だったり、特に理由なくスティーブ・ジョブズ顔の双子プレイヤーが登場したり、学校の庭に野生のパンダが出たり、細部を見るとわりあい荒唐無稽。あと、体のラインが浮き出たユニフォームで肉体美を強調しまくる試合描写も女性にオススメしたい魅力の一つかも!?

日本では馴染みが薄いフェンシングの魅力を、友情・努力・勝利の熱い展開で描いてくれる、意外と貴重な王道スポーツ漫画。現在第20話まで連載中ですが、物語はまだまだ序盤の様子。じっくり楽しませてくれそうな、これからに期待の一作です!

 →今すぐ読む!

『神のスピード』掲載情報

・作者:IRE
・掲載メディア:レジンコミックス(毎週水曜日更新)

ほかのおすすめWebマンガをチェック!