低スペックでも諦めきれない!Android版「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」を無理やりプレイしたらこうなった

20150903dele01

スマホ向けソーシャルゲームとしてスタートし、現在TVアニメ版も放送中の「アイドルマスター シンデレラガールズ」。同じ世界観を持つスマホ向け音ゲー「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」(デレステ)が先日9月2日にリリースされました。

「シンデレラガールズのアイドルが3Dになってライブに登場!」だなんて楽しそう。これはゲームやアニメ版のファンはもちろん、そうでなくても遊んでみたくなる魅力があります。

Google Playストア上での「必要Android用件」は「4.0以上」、また、メーカーによる推奨OSバージョンはAndroid 5.1、Android 5.0 ~ 5.0.2、Android 4.4 ~ 4.4.4、Android 4.2-4.2.2。そんな「デレステ」を、メーカー推奨外の機種・OSバージョンでプレーしてみたら……意外と大丈夫っぽい?

<参考リンク>
「推奨機種、推奨OSは、どうなっていますか?」バンダイナムコエンターテインメント FAQ

※個人によるプレー印象のレポートであり、ゲームの動作などは環境により異なる場合があります。また、推奨機種および、推奨OSバージョン以外での動作に関してはサポートの対象外となっています。

Screenshot_2015-09-03-15-09-11

今回チェックに使用したSamsungの「Galaxy S2」は、発売時にはAndroid 2.3があらかじめインストールされ、その後アップデートでAndroid4.0に対応した2011年の機種。Google Playストア上の用件はクリアしているもののメーカーによる推奨環境・機種からは外れているという位置づけになります。

Google Playストアにアクセスすると「対象機種外」となることもなく、アプリのダウンロード、インストールまでは特に問題なく行うことができました。

Screenshot_2015-09-03-15-11-11

アプリ起動後のデータダウンロード画面。かわいらしいイラストが表示され、スペック不足らしき部分はありません。アプリ起動後に追加でデータをダウンロードするのは最近のスマホゲーではよく見られる仕様ですが、ここでかかる時間はスペックよりもネットワーク速度のほうが影響が大きそうです。

Screenshot_2015-09-03-15-15-49

データをダウンロードしたら満を持してゲーム開始。登場キャラクターはアイドルたちはもちろん、トレーナーやシステム解説をしてくれるお姉さんまで良く喋りますが、画面のようなアドベンチャーゲーム風のパートでは特に動作に問題はなし。音声の再生は非常にスムーズです。3人から誰を選ぶのかは迷いますが、そこはスマホのスペックとは関係ない部分。

Screenshot_2015-09-03-15-24-11

アイドルとコミュニケーションを取って親愛度アップといった演出もあります。こちらも動作はスムーズでハートが画面上を飛び回ったり、文字が点滅したりといった画面効果やボイス再生には問題なし。

Screenshot_2015-09-03-15-26-12カードゲームのような育成要素もあり、カードの成長による演出に関しても、映像・音声ともに問題ありません。スペックは関係なくかわいらしさが満喫できるのは嬉しいところであります。

Screenshot_2015-09-03-15-28-18

……とここまではスムーズにゲームを進めてきたものの、スペックが問題となるのはやはり本作のメインである音ゲーパート。推奨外の環境でどう動くのかは気になるところです。

「デレステ」は、「3D標準」から「2D軽量」まで、ゲームの使用するスマホのスペックに合わせたプレー中の演出を選ぶことができる仕様。自動的に最適な表示設定を選んでくれる機能もあり、今回ゲーム側でスペックを判断して選ばれたのは「2D標準」。まずはその「2D標準」で音ゲーパートを試してみます。

Screenshot_2015-09-03-15-31-07

「2D標準」のゲーム画面はこのようにディフォルメされたキャラクターが紙芝居のように動く形。これはこれでどのアイドルもかわいらしいです。音楽に合わせて上から下の方向に進むシャボンが、下段に表示された5つのマークに重なった瞬間に画面にタッチしていきます。タイミングによって「PERFECT」~「BAD」の評価を受けるという音ゲーではお馴染みのスタンダードなシステムですね。

遊んでみると若干、画面タッチの際の演出の影響でタイミングのズレを感じられる部分があるのも事実。シャボンの位置で画面をタッチすべきタイミングを測り、見た目よりも音を聴いて画面に触れていく方が良いかもしれません。うまくいかない場合は「2D軽量」を試してみても良いでしょう。

推奨環境外でもなんとかプレー可能なことは判明。でもゲームの売りである「シンデレラガールズのアイドルが3Dになってライブに登場!」という3Dモデルを使った演出は断念……と言う訳にはいかず、試してみたくなるのが人情。設定をやや弱気な「3D軽量」に変更して音ゲーパートをプレー続行です!

次ページ・推奨環境外で3Dプレイをしたらこうなった……!