【おでん汁再利用】卵だけであったか茶碗蒸しに簡単リメイク! 冬はおでんを二度楽しめるぞ

IMG_1656

近頃ずいぶん涼しくなって、いよいよ長袖の季節。冷える日はコンビニのアツアツおでんについ手が伸びちゃう、って人も多いと思います。ところで、おでんを食べて残ったお汁ってどうしてます? そのまま飲んで美味しいかというとすでに冷えてて微妙だし、かといって捨てるのも何かもったいない……。

そんなときに試したいのが、残りおでん汁で作る即席茶碗蒸し。おでんの残りと卵だけで超ラクチンにできる、寒い日に二度嬉しいリメイクレシピを以下にご紹介いたします!

①とりあえずおでんを楽しむ!

IMG_1565

まずはおでんを好きなだけ調達。コンビニでめいっぱい買ってきたものをさくっといただきます!

IMG_1570

タネもお好みでOK。今回は茶碗蒸しリメイク時の具としてちくわだけ残しました。

 

②卵とお好みの具材を用意

IMG_1557

本格的に作るなら鶏肉や三つ葉や椎茸や銀杏……と色々欲しくなりますが、必須の材料は生卵だけ。 今回は手軽に茶碗蒸しっぽさを楽しむため、加えて出汁巻き玉子と海鮮スティック(カニカマ)を用意しました。

 

③卵を溶いて、ザルで濾して汁に投入!

IMG_1600

生卵を容器に移して十分に溶きほぐし、その溶き卵をザルなどで濾しておでんの残り汁にぶち込みます。図ではかす揚げを使用。ちなみに分量はお汁150mlあたり卵1個が丁度良いです。だいたいおでんの大容器なら2個、小さな容器なら1個くらいです。卵の文量だけあっていれば、できあがりに差はありますがそのまま入れてしっかり混ぜるだけでもOK。

IMG_1613

そのまま溶き卵とおでんの残り汁をよくかき混ぜます。おでん種の残りカスなどの不純物が気になるなら汁も濾したほうがいいですが、濾さずとも特に気にならないと思います。

 

④お汁を具材と一緒にレンジでチン!

IMG_1615

③で作った卵混ぜ汁を、適当に小さくバラした具材と一緒にレンジでチンします。ちなみに一般的なマグカップは180ml程度の容量なので、「おでんの容器捨てちゃった」とか「コンビニごとの容器のバラつきが気になるから、それなりにちゃんと計量したい」という人は汁をマグに移し替えて作るとラクです。

IMG_1625

汁と具の入った容器にラップをして、レンジの弱で7分間(200wで7分)。さて、出来上がりのほどは……

 

⑤茶碗蒸しが完成!

IMG_1628

このとおり、アツアツプルプルに固まった茶碗蒸し風の一品ができちゃいました! ……しかしコレ、味もちゃんと茶碗蒸しなんでしょうか?

 

次ページでは即席茶碗蒸しのお味をチェック!