Wi-Fi&電源完備で“爆速輸送”のすし屋『鮨ノ場』青山店を偵察! ついでに女子おすすめネタを選んでみた

2015091801

最近はファミレスのように、さまざまなメニューが揃う回転寿司。ポテトを食べたり、どんぶりを食べたりと、お寿司以外のメニューも充実しています。

そんな中、満を持して登場したのが「鮨ノ場」(スシノバ)。かっぱ寿司の新業態で、都心の駅前に出店するのが特徴。1号店が青山に出店すると聞き、偵察に行ってきましたよ!

2015091802▲所在地は東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル1F

鮨ノ場1号店は、なんとパンケーキの超有名店「J.S. PANCAKE CAFE」のすぐそば。お店のサイズはコンパクトで、カフェのようなオシャレな内装。男女問わず入りやすい雰囲気です。

座席はカウンターと、ちょっと狭めの4人席の2種類。店の真ん中には、ベルトコンベアのような装置が上下に備え付けられています。

まずは着席。

2015091803

コンパクトなカウンターには、しょう油や割り箸など。しょう油はフレッシュなまま使えるタイプの容器なのがうれしいところ。粉茶はこしょうのような振出容器に入っていて、清潔感があります。

2015091804

その横にはタッチパネル型の注文機。大型のタブレットを使っているので、感度は良好です。ここで、メニューを見ながら即注文できるというわけ。

とりあえず一品注文。数分経つと、「♪タラリラ タラリラ」という軽やかな音とともに、グゥオーというラジコンが走行するときのような音が鳴り始めました!

2015091805

と、上の段のベルトに乗った寿司がかなりの速度で到着!

ベルトから寿司を降ろしたら、タッチパネルのボタンを押すと受け渡し完了です。

2015091806

そう、ここ鮨ノ場は、回転しない回転寿司屋。回転するベルトはなく、その代わりに上下2つの「オリジナル特急レーン」を設置。注文した寿司は、この特急レーンに乗って自分の目の前までやってきます。

つまり、握りたてを頂けるので、一般的な回転寿司よりもおいしさアップ、新鮮さもアップというわけ。

2015091807

揚げ物やサラダなどの大皿メニューは安全を考えて、速度が遅めの下の段で運ばれてきます。

こぼれそうで心配なお酒類はちゃんとお店の人が持ってきてくれるので安心です。

さて、このお店。回転するお寿司がないだけでなく、メニューもちょっと変わっています。寿司メニューと居酒屋メニューが混在し、いいとこどりが楽しめるのです。

居酒屋メニューはハッシュドポテトや唐揚げといった揚げ物、枝豆、ローストビーフ盛り合わせなどが128〜518円といった手ごろな価格で揃います。

2015091808

寿司メニューは「刺身盛合せ」(453円)や「揚げたて天ぷら盛合せ」(518円)など。もちろん定番のお寿司も二貫で128〜453円とリーズナブル。

なかでもマグロにはこだわっており、安価な回転寿司で使われるキハダマグロやメバチマグロよりもランクが上の「南マグロ」を使っているそうです。

194円の赤身を食べてみると、本マグロにかなり似た、ねっとりとした食感が感じました。

これを、ビール、ハイボール、梅酒、焼酎、ワイン、日本酒、サワーと、回転寿司にしては豊富なお酒類と一緒にいただけます。

2015091809

女子におすすめのメニューはこれ!