ヤマホン氏、本以外見えてなさすぎw 『手のひらの文学青年 山本くん』は豆本もおもしろい秀逸ガチャだった

gacha004_01fix

ガチャガチャ、それは100円玉数枚で味わう、ちょっとだけ非日常な瞬間。

そしてガチャガチャとの出会いはけっこう一期一会。そのうち回せばいっか…などと思っているうちに、いつの間にか別のものに入れ替わっていた! なんてこともよくあります。

そこで、面白そうなガチャガチャを見かけたら、その場で1回、回してみよう! というのが本記事のコンセプト。

さて、今回見かけたのは、『手のひらの文学青年 山本くん』です。

『手のひらの文学青年 山本くん』概要

gacha004_02

価格:1回200円 メーカー:パンダの穴(タカラトミーアーツ) ラインナップ:全5種類

  • 月の出ない国
  • キューピット
  • ペトペト星
  • 鍵穴の風景
  • 完璧な人生

※それぞれ、ブックチャームと豆本の短編小説がセット。

タカラトミーアーツさんの商品ページより)

ちなみに、山本くんは「ヤマホンくん」と読むそうです。

レッツ、ガチャガチャ!

なんと世界初(?)の、本が入ったガチャということです。

ブックチャームになっている男の子は、文学部2年の山本 読(やまもと どく)くん。いついかなるときも常に本を読んでいるその姿に、「ヤマホン」というあだ名が付けられているそう。

そんな山本くんが愛読する本とは、一体どんな内容なのか?

さっそく1回ガチャガチャ!

gacha004_03

……して出てきたのは「完璧な人生」。

さっそく豆本の小説を読んでみましょう。

gacha004_04

とある若者が、神様修行をしているという老人に出会い、なんでもうまくいく能力を与えられて……というストーリー。

星新一みたいで面白い! これは他のラインナップも読んでみたくなりますね。

gacha004_05

フィギュアは小説の内容とリンクしていて、今回は牛乳を持っています。本の栞として使える「ブックチャーム」ですが、ひもの部分を外すことも可能です。

gacha004_06
こちらが説明書。「ペトペト星」のフィギュアは、猫に触りながら本を読んでいます。いったいどういうシチュエーションなのでしょうか(笑)。

というわけで、気になった方はぜひガチャガチャしてみましょう!