ふわとろフード界に超新星あらわる! ローソンの新作フレンチトーストがプリンみたいでニヤけてしまう

2015100301

ちょっとおいしいコンビニスイーツを発見してしまいました。

ローソンの『ふわとろフレンチトースト』

ちょっと大きめの食パンが厚めに切られたフレンチトースト。これがその名のとおり、びっくりするほど絶品ふわとろ! ぜひ食べていただきたい逸品ですよ。

2015100303

こちらがローソン『ふわとろフレンチトースト』。ひとつ320円とちょっとお高め。パンの上には四角いバターが乗り、メイプルソースがついています。

パンは普通の食パンよりちょっと大きめでしょうか? 厚さは3センチほどあり、自宅ではなかなか食べられないサイズです。

2015100304

カロリーは368kcal。そこそこありますね。まぁ、気にしても仕方がないので、さっそく召し上がるとしましょう!

なにこの……ふわっとろ!

2015100308

1分ほどレンチンして、バターを溶かしてメイプルソースをかけかけ。

フォークで切って食べようとすると、その切れ味の違いにビックリ!

2015100306

耳がついているのに、そのままずぶずぶとフォークが沈んでいきます。やわらか!

中の方までフレンチ液が染みた断面を見つつ、いただきます。

品のいい甘さに、バターの味わいとメープルの甘さが入り交じって、まさかの本格フレンチトーストのお味。

トースト全体はそこまで甘くないのですが、フレンチ液が真ん中までしっかり染みているため、味にムラが出ずやわらかな口触り。メープルの甘さが引き立ちます。

パンプディングほどは硬くなく、生カステラや生チーズケーキのあの“生”部分に似た食感といえば伝わるでしょうか。

2015100302

わずかにじゅわっとしていて、でも生焼けではなくしっとりとしていて、パンのおいしさも残っています。まさに混然一体のおいしさ。

バターも思ったよりしっかり味が残っていてビックリ。

コンビニでもここまでのスイーツが作れるんですね。特にトースト内側の、生すぎず、焼けすぎずのバランス、すごいです。

2015100305

トースト部分のおいしさ、フレンチ液に入っている卵にこだわっているそうで、「エグロワイヤル」と呼ばれる製菓専用卵(!)を使っています。フランス菓子の味を再現するための特別の卵ということで、トースト内部の品のよい甘さはここから由来しているのかも。

口どけはプリンに近いような、しかしもっと柔らかく、ゆっくりとろりと口の中で溶けていきます。

う〜ん、満足。

意外だったのは耳の部分。硬いかとおもいきや、トースト本体とかわらず柔らかいので、違和感なく食べ進められます。

2015100301

耳、決して食感がないわけではないんですが、ぼそぼそ感皆無なので嫌な感じがまったくないのです。自宅で作る、かみごたえ満点のフレンチトーストとはまったくの別物。

トーストの厚みがあるので、思ったよりボリュームあり。

夢中で食べていると、あっという間になくなってしまいました。

これは、ちょっと自分では作れないですねー! あのふわっとした柔らかさは自分で再現できる気がしません。

2015100307

ローソンの「ふわとろフレンチトースト」は専門店や一流ホテルのフレンチトーストを、職場や自宅に居ながら手軽に味わえる、素敵な逸品。

お値段は320円とややお高めですが、疲れたとき、気分が沈んだ時に頂くと間違いなく気分がアガる素敵なスイーツです。

これはオフィスでのスイーツタイムがはかどりますよ! 品切れする予感がするので、見かけたら即確保!です。

<おすすめ記事>
【休日甘味】あつあつパンとハーゲンダッツのおいしい食べ方!
この保存食、おいしすぎ! 井村屋『チョコえいようかん』が予想外に大人スイーツ
「ひやしあめ」ドリンクは和の甘さとぴりっと生姜がカラダにやさしい
宝石みたいだから作ってみ? 「スミノフ漬けグミ」の大人な味&ひやプルさは思わず頬がゆるむレベル!