なんという旨味の泉……セブン『トム!ヤム!クン!』はコンビニスープ最高の完成度なのでは?

2015100629

今後はもう、「このトムヤムクン、セブンのほうがうまくね?」と比較されるおそれがあります。セブン-イレブンで販売中の『トム!ヤム!クン!(春雨入り)』がおいしいと話題なので試してみたのですが、母さんこいつは事件です!

2015100624

こちらが『トム!ヤム!クン!(春雨入り)』。口に出すのが面倒というか、ふざけた商品表記ですね、まったく。お値段は350円。価格的には何かのつけ合わせではなく、これをメインにあとおにぎりとかを一品、という感じでしょうか。

2015100630

カロリーは193kcal。とてもヘルシーですね。さっそく開けてみましょう。

2015100625

レンジで温める前の状態ですが、すでにただならぬ「コンビニぽくない感」が漂っています。この凛とした海老、二尾のせいでしょうか!(トムヤムクンの「クン」=海老だそうで)

そしてこの時点ですでにトムヤムクン特有の酸味と辛味が混在した香りが。それではレンジ(500W)で2分30秒、あたためてみましょう。

2015100626

あ〜、これはもう香りよすぎ……。そして見た目も。こういうところをこだわるあたりにセブン-イレブンの強さを感じますね。上品かつ食欲をそそるルックスと香りを堪能したら、ひとくちすすってみましょう。

……ん!ま!い!(パクってる)

確実にあのタイ料理のトムヤムクンスープの味ですが、これは日本人の舌に合うように最強にチューニングされた一品ですよ! 酸味強からず、辛味激しからず、魚介エキスやナンプラーが利きつつも、わりとまろみがあるお味でカラダあたたまりまくり。これはじっくりと味わってられるレベルじゃない! とっとと飲みたい。飲み干したい!

2015100627

存在感たっぷりの海老がニ尾。タイ料理屋さんでいただくトムヤムクンスープだと、おおぶりな殻付きの海老で食べられないケースも多いですが、こちらはそのままパックリいけます。そして、出汁を抜かれた抜け殻みたいな味かと思いきや、しっかりと海老……最近のコンビニフードすごい……。

2015100631

あれ、鶏肉も入ってるじゃないですか。ゴロっと。食べごたえあるなぁ、もう。

2015100628

トムヤムクンスープがよく絡まった春雨。これ、いるの? と思ったりもしましたが、小腹が空いたときにはちょうどいい程度にお腹にたまるのでよいかもしれません。こりゃぁ、そこらの春雨入りカップスープは価格面以外では勝負がきついですね〜。

トムヤムクンスープってコンビニの棚に並んでいても、いまひとつ手に取る気になれないのでは? しかし、『トム!ヤム!クン!(春雨入り)』はぜひ試していただきたく存じます。まちがいなく旨いです。酸味、辛味、旨味の泉ですよこれは。なのに、この「!」で区切る商品名はな!ん!な!の!

……ふぅ、気を落ち着けまして、それにしてもセブン-イレブンの商品づくりってどうなってるんですかね。完成度が高すぎます。『トム!ヤム!クン!(春雨入り)』、自分で作ったと偽って来客を饗すれば……とか考えてしまいました。これレギュラーメニューになりませんかね。

みなさま、ぜひ一度お試しあれ!