【休日の朝に】天上のふわくしゅ感…タマゴ1個で作れる「エッグ イン クラウド」がめっちゃ幸福レシピだった

2015102004e

今、アメリカでちょっと変わった目玉焼きが人気なんだそうです。「Egg in Clouds」「Eggs in a cloud」といった名前で呼ばれているそうなのですが、InstagramやYouTubeで検索してみると、ほわわ~、目にも幸せな写真や動画がたくさん!

見た目が完全にしあわせフード! これは試してみなきゃ!

エッグ イン クラウドを作ってみた

卵をそのまま焼くのではなく、白身だけを泡立ててふわふわのムース状態にしたところへ黄身を載せ、オーブンで焼くんですね。手間はかかりそうですけど、このビジュアルはそそりますよねぇ。ということで、さっそく試してみました。

常温の卵を黄身と白身に分け、白身はボウルに入れて泡立てます。今回はハンドミキサーを使いましたが、人力でも3分程度で泡立てられますよ。その間に、オーブンを200度に予熱しておきます。

2015102001▲卵は冷たいと泡立ちにくいので、常温に

ボウルを傾けてもタレないくらいになればOK。ここでベーコンチップやシュレッドチーズを加えるレシピもありますが、今回はシンプルに塩をひとふりだけ加えました。

2015102002▲卵1個なら人力の方が早いかも

天板にオーブンシートを敷いて、泡立てた白身を盛ります。スプーンなどで中央をくぼませ、黄身をそっと載せたらオーブンへ。5、6分焼けば完成です。

2015102003a▲くぼみは大き目に作るのがコツ

2015102003b

お好みでオリーブオイルとコショウを振って出来上がり!

2015102004a▲黄身になりたい……

ふわーー、これはテンション上がります~!

次ページ:ふわっふわをたべる!