【現役高校生の本気】『BrickWars』はシンプルで奥深い!アプリ甲子園2015決勝大会進出の傑作対戦パズルゲーム

ec012011年からスタートした、小中高生によるスマートフォンアプリ開発コンテスト「アプリ甲子園」が今年も開催されました。一次選考、二次選考を勝ち抜き決勝大会に進出したアプリの中のひとつ、「BrickWars」はすでにAppStoreで配信中です。

「BrickWars」はシンプルなデザインとルールが美しい、対戦型の陣取りゲーム。今回はそんな「BrickWars」を紹介します。現役高校生が開発したとは思えぬほど洗練されたゲームアプリの出来栄えは一見の価値ありです!

BrickWars(無料・Kazuki Ohta)

 写真 2015-10-26 1 12 34 写真 2015-10-26 1 12 38

「BrickWars」はiOS対応のアプリで、AppStoreで無料配信中。インストール後に起動させると、「BrickWars」のタイトルが表示され、画面をタップすることでゲームをスタートすることができます。

 写真 2015-10-26 1 15 21 写真 2015-10-26 1 14 59

「BrickWars」のルールは非常に簡単で、8×8のボードの上にプレイヤーが交互に自分の駒を配置していき、最終的に陣地が広いほうの勝利。駒を置いた周囲8マスが自分の陣地となるルールで、お互いの陣地が重なり合う地点をうまく自分の陣地にしていくのがポイントです。簡単ですぐわかるのに、プレイしてみるとその奥深さに驚くはず!

詳細なルールは、初回起動時に解説されるほかメニューの「?」からいつでも確認することができます。

 写真 2015-10-26 1 13 17 写真 2015-10-26 1 15 37

一対一の対戦型ゲームで、CPUとの対戦や、一台の端末を交互に操作しての対戦、近くの端末と接続しての対戦にも対応します。1人プレー時のCPUの強さやゲームの舞台となるボードのコマ数、BGMやSEのオン/オフなども設定変更が可能。何度か遊んでみて基本的なルールを覚えたら、好みの設定でプレーすると快適です。

赤、青2色の陣営による陣取りゲームはシンプルなルールだけに飽きがこず何度でも遊べるのが特徴。アプリ甲子園の決勝進出作品であったり、現役高校生の手による作といったことを忘れてハマってします魅力のあるゲームです。腕を磨いて最高難度のCPUに挑戦したり、仲間内で繰り返しプレーしたりとやり込みがいはかなりのもの。対戦ゲーム好きやパズルゲーム好きはぜひお試しを!

iOS版をインストール(iOS8.1以上)