読めば写真がうまくなる!? 『写真がもっと上手くなる 101シリーズ』で学ぼう

syasincover

ケータイやスマホを選ぶときに昔から重要な要因といえばカメラの画素数や画質。SNSや食べログなどのサイトの普及で、身近な風景やペット、そして料理写真などを気軽に撮影して友達に見せるという行動は日常に根付いています。

写真撮影に慣れると、さらにかっこ良く、綺麗に撮影するテクニックや、デジタル一眼レフカメラにも興味が出てくるもの。構図のかっこいい収め方や、光の当て方などスマホでも手軽に試せる素敵な写真の撮影方法はたくさんあります。一眼レフになるとさらにレンズの取捨選択ライティングにISO値、シャッタースピードなど“沼”といっても過言ではない深い世界が広がっています(多分)。

一眼レフについては、一応持ってはいるのですが取材のときに格好がつくという理由で、本格的な撮影はカメラマニアやカメラマンにお願いしているので正直良くわかっていませんが……。カメラマニアが数人集まると自分にはわからない謎言語で2-3時間余裕で談笑しているので、隣でニコニコ笑いながら「ああ、オタクトークに付き合わされる一般女性ってこんな気持なのね……!」と自分を見つめなおしたりしています。

まあ、そんな感じの自分でも「あ、これは凄い」と思えたのが、この『写真がもっと上手くなる 101シリーズ』。

好評発売中でシリーズ10万部を突破した『写真がもっと上手くなる 101シリーズ』4冊のなかから4つづつのテクニックを抜粋してまとめたこの「お試し版」では、撮影テクニックや写真の基礎知識、構図テクニック、疑問解消Q&A、交換レンズの使いこなし術まで、合計16テクニック分が収録されています。一眼レフを持っていなくても、「なんとなく撮影していた写真がもうちょっとだけ綺麗に撮れればいいのに」と思っている人にも十分ヒントになる内容で、自分のように写真フォルダには最近食べたラーメンと飼い猫の画像が交互に入っているような人間でも発見がありました。美麗な撮影サンプルに詳細な撮影方法まで網羅して無料で読めるのは、写真には興味があるけど……と思っている初心者にオススメの内容になっています。

また、この『写真がうまくなる~』シリーズはkindleで三冊合本で303テクニックがガッツリ収録された合本版もお得。

デジタル一眼を買ったけどオートモードでしか撮影してないなあという筆者のような人間は、これをしっかり読み込んで使いこなすのが早道だと思います、ハイ。