【Web漫画】個性派作家のやさぐれ系不条理ギャグ! 『ポプテピピック』がヤバイ……ハマる人はハマるかも!?

manga1106

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

大川ぶくぶ『ポプテピピック』 まんがライフWIN連載

竹書房のWebコミックサイト・まんがライフWINといえば、キュートなキャラがエグい不条理ギャグをかます人気作『あいまいみー』でお馴染み! こういうちょぼらうにょぽみ的な成分をもっと摂取してえ……ってな中毒者の方なら、同サイト連載の本作も要チェック。テイストは異なるものの、不条理系好きならハマる可能性アリですよ!

登場人物は背が低い女の子ポプ子と、背が高い女の子ピピ子。ストーリーもキャラクター設定も全くナシで、4コマ1本ごと完結のショートコントをふたり+αがひたすら繰り返す。ネタもシチュエーションもその回限りの一本勝負、ギャグ漫画としては超シンプルかつ技量が問われる体裁です。

そこで発揮されるのが、まったく突飛で理解不能なインパクト重視の一発ギャグと、それを地口や流行りのオタクネタやマニアックな引用で脈絡付けたような付けてないようなナンセンス。そしてその高度な合わせ技のせいでオチが付いたか否かも定かならぬのに、有無をいわさずぐいぐい読み進ませる疾走感。あまり類例がないタイプの方向性で、作者の独特すぎるセンス一本槍で突進してきます。

今日も一日頑張るぞいって俺がはじめに言ったことになんねーかな」「竹書房の社名に指定暴力団って書き足す」などなど、投げやり丸出しのゲスいネタを度々ぶっこむアナーキストぶりも読みどころ。コピペを疑われるほど終始無表情なふたりの異様なやさぐれ感と冷笑的なノリは、好みは分かれるもののやはり無二の読み味です。

フミンバイン名義の二次創作4コマ以来、コアな人気と賛否両論を呼ぶ作者だけど、今回はギャグにやや手探り感が目立つかも。正直意味わかんねえな? という向きもあるでしょうが、ハマればハマる個性派ギャグ漫画となっております。ちょうど最終回なので、バックナンバー読みつつ単行本を正座待機推奨ッス!

今すぐ読む!

『ポプテピピック』掲載情報

・作者:大川ぶくぶ
・掲載メディア:まんがライフWIN

ほかのおすすめWebマンガをチェック!