【Web漫画】女装少年が主人公の西洋風大河ロマン!? 『少年王女』は人気作家手がける長編ファンタジーの意欲作!

manga1118

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

雪広うたこ『少年王女』 COMIC it連載

うりふたつの容姿を持つ庶民が貴族の影武者になり、宮廷や国家間の陰謀に巻き込まれる中で成長を遂げたり冒険を繰り広げたり……なんてプロットはファンタジーの定石のひとつ。乙女向け作品だとよく庶民の娘が主人公になるけど、たまには女装男子が主人公とかどうっすかね? という発想でスタートした本格ファンタジー長編が本作です。

舞台は女尊男卑の女権主義国家モーリアン王国。貧しい漁村に住む孤児アルベールは、奴隷商人に襲われたところを王女とその側近に保護される。王女アレクシアとうりふたつのアルベールは、男だてらに彼女の身代わりとして貴婦人修業を受けることに! ところどころ『∀ガンダム』メソッドで燃えるものがありますね。

ところが王女は成人の儀の最中に暗殺されてしまう。アルベールは国を思う王女の遺志を継ぐべく、影武者の身でありながら自らを本物の王女だと主張。孤児から一転、王位継承者となったアルベールだけど、男の娘なのに政略結婚&出産を迫られちゃってさあ大変! 内密に代理母オッケーな婚約者候補を漁る中、その一人である軍事国家メヴィンの国王を殺した嫌疑をかけられてしまう。

そこに被差別層の男性市民によるクーデターを率いてメヴィン軍が攻め込み、モーリアン国は転覆。裏で手を引いたのは、去勢した美貌の宮廷歌手オリヴィエだった。どうやら彼は王族出だがちんこを切られて娼館に捨てられ、女性嫌悪をこじらせたらしい。と思いきや本当は元から女性で、女王として正式に新王位を狙っている!? ジェンダーの倒錯した人たちがジェンダーの倒錯した世界観で繰り広げる陰謀の背景ではやはりジェンダーが倒錯しているようです。

逆さまにした『リボンの騎士』に女性の性嫌悪と少年愛の問題意識をひそませたような複雑な世界観ですが、女尊男卑国家がいかに成立しているのかという社会背景のディティールに欠けるのが気になる点かも。でも、フェミニズムSF的な意図を読み込むよりは、人物から社会まで様々なレベルでのジェンダーの混乱により、より大胆かつドラマティックに展開する大河ロマンの醍醐味を味わうのが吉でしょう。

『うたプリ』や『魔界王子』で知られる人気作家の手による、ロココ風美術と美麗なキャラクターは男性も女性も惹きつける魅力十分。少女漫画の王道モチーフをこれでもかと意欲的に詰め込んで更に捻りをきかせた、注目のエンタメ長編ファンタジーとなっておりますよ!

今すぐ読む!

『少年王女』掲載情報

・作者:雪広うたこ(原案協力・武蔵のぜん子)
・掲載メディア:COMIC it

ほかのおすすめWebマンガをチェック!