【Web漫画】異色の性転換×サバイバル! 『絶望の犯島 100人のブリーフ男vs1人の改造ギャル』が絶体絶命すぎてヤバい……

manga1123

日々更新されるWebマンガ。大手出版社も本腰を入れ始め、その量たるやハンパな数ではなくなってきた。いくら我らがマンガ大好きジャパニーズだとはいえ、すべてを追いかけるには時間がいくらあっても足りないことだろう。積んどくことができない媒体なのも悩ましいところ。そこでmitokでは絶対に外せない注目作品を定期的にご紹介。Webマンガ、これを追うべし!

櫻井稔文『絶望の犯島 100人のブリーフ男vs1人の改造ギャル』 月刊のアクション連載

『バトル・ロワイアル』などのデスゲームものから、ゾンビ映画などのパンデミックものまで、サバイバル・スリラーはエンタメの定番ジャンル。脱出や生き残りを賭けて、殺到する大勢の敵と戦い逃げ惑う……その敵が普通の人間やゾンビならまだしも、性犯罪歴のある変態男100人(全員ブリーフ一丁)というのはイヤすぎる! そんな異色の極限状況を描いたのが本作です。

スケコマシのチンピラ男・釜島コーゾーは、雇い主である巨大闇組織・亜九東グループ会長の奥さん&娘とヤッたことがバレてしまう。怒って復讐を企てた会長はコーゾーに性転換手術を施し、長身巨乳のピチピチギャルに大改造。絶海の孤島へ投げ出され、コーゾーは島に集まった100人の性犯罪者と殺るかヤラれるかの戦いを繰り広げることに!

実話誌の風俗ルポ漫画で知られる作者らしく、絵柄はお下品なデフォルメが効いたこってり劇画調。ギャルを犯せば島から脱出できると息巻く半裸の変態たちが、鼻息荒くテントを張ってコマの大半で大写し。俗っぽい親父ギャグ、露骨すぎるゆるいエロネタ、過激なお下劣表現のオンパレードで、贅を尽くしすぎたオジサンセンスの下ネタ漫画としてまずは相当なインパクトです。

「出オチでは?」と思いきや、構成は意外とカッチリ。日曜大工を邪魔するガバマンキャバ嬢を犯した小沢仁志風の宮大工の息子、被レイプ願望持ちの女警とレイププレイしたら普通に通報された刑事、染み付きパンツフェチに悩んで肩までリスカし尽くしたパンツ強奪魔。絵面は最低ながら性犯罪者たちの十人十色な人生模様が毎回しっかり描かれ、やりすぎ下ネタと人情噺が両立してるのがスゴいところ。アニメ脚本家で言うと雑破業のテイストです。

コーゾーは偶然にも女子小学生を盗撮して捕まった実の父親と再会。逆ターゲットとして父親とセックスすれば脱出できると言われて決心し、ロリでないと勃たない親父の勃起を手伝うも結局中折れ……絵面はギャグなのに主人公ガチ泣き。即物的な成年誌センスなのに、性転換を用いた大胆なドラマで不思議な奥行きを得たカルト人気作なのです!

月刊アクションでの連載が完結し、現在は毎日更新でWeb無料公開中。読むなら今ッス!

 ⇒今すぐ読む!

『絶望の犯島 100人のブリーフ男vs1人の改造ギャル』掲載情報

・作者:櫻井稔文
・掲載メディア:月刊のアクション

ほかのおすすめWebマンガをチェック!