【セブン限定】コンビニコピー機でスキャンしたデータをスマホに転送する方法

01

現在コンビニに置かれているコピー機は、昔からは考えられないほど進化し、白黒・カラーコピーのほかにも便利な機能が多数搭載されています。メディアリーダーを搭載し、SDカードやUSBメモリなどで持ち込んだデータをプリントアウトできたりするほか、住民票の写しや印鑑登録証明書の取得にも対応。単なるコピー機以上のマルチぶりを活用しない手はありません。

多機能化したコンビニのマルチコピー機がどんな用途に活用できるのか、知っておけば役に立つ場面もあるはず。今回は先に紹介したマルチコピー機を使っての紙のデータ化の応用編としてセブン-イレブンの富士ゼロックス機のみ対応の、スキャンしたデータをUSBメモリではなくスマホに無線で転送する方法を紹介します!

<関連記事>
A3まで対応のコンビニコピー機のスキャナ機能で紙をデータ化してUSBメモリに保存する方法 – mitok(ミトク)

セブンのマルチコピーならスマホ転送でUSBメモリいらず

02

セブン-イレブン設置の富士ゼロックス製のマルチコピー機では、スキャンデータの保存先を選択する際に「スマートフォンへ保存」を選択可能。USBメモリの持ち込み不要でスキャンしたデータを持ち帰ることができます。

  写真 2015-11-26 17 43 59 写真 2015-11-26 17 44 05

マルチコピー機からスマホへのデータ転送には専用アプリが必要。今回使用するのは、スマホからマルチコピー機を使って印刷を行う時と同じアプリ「セブン−イレブン マルチコピー」です。Wi-Fiを使用してスマホとマルチコピー機の接続を行うというのも共通しています。

<関連記事>
スマホからコンビニコピー機で印刷する方法 〜 専用アプリでデータ転送 – mitok(ミトク)

03

カラーモードや画質設定などの手順はデータの保存先にUSBメモリを選択した場合と同じです。

04

保存するファイルの形式も、PDF、JPEGから選択することができます。いずれかを選択し、スキャン手順を進めましょう。

05

原稿をマルチコピー機にセット。A3など大きなサイズのスキャンに対応しているのも、データ保存先によらず共通です。

06マルチコピー機にセットした書類のスキャンが終わったら、内容を確認したうえで液晶画面の「これで決定 読み取り終了」ボタンにタッチ。Wi-Fiの通信によってマルチコピー機と接続したスマホへデータの転送を行います。

写真 2015-11-27 11 11 56写真 2015-11-27 11 10 21

転送されたデータは、スマホに表示されたアプリ「セブン−イレブン マルチコピー」の「スキャン一覧」画面で確認可能。「メールで送信」「アプリで開く」のいずれかを行い、データを転送すればPCやほかの端末でもスキャンしたデータを利用可能です。

「アプリで開く」を選択した場合は「Dropbox」や「Googleドライブ」などのオンラインストレージを選択してデータを保存することも可能。複数環境でスキャンしたデータを参照したい場合や、他のユーザーとデータの内容を共有したい場合にはオンラインストレージへのデータ保存が便利です。

<参考リンク>
スキャン|セブン‐イレブン~近くて便利~